レンタカー特化型メディア

トップ > DX推進 > 北海道電力、EVカーシェアリングの実証事業を実施

北海道電力、EVカーシェアリングの実証事業を実施

投稿日 : 2022.06.29

北海道

DX推進

北海道電力では、2022年4月1日から1年間、電気自動車を使用したカーシェアリングの実証事業を実施している。

(出典:北海道電力)

同事業では、同社が調達・管理するEVを、カーボンニュートラル実現に向けて取り組みを進めている民間企業11社へ提供することで、事業性および運用面の課題を検証する。カーシェアリングの需要が拡大するなかで、カーボンニュートラルを実現できるようCO2排出量を抑えることが狙いだ。

今回の事業では、カーシェアリングプラットフォームとしてスマートバリュー社が提供する「Kuruma Base」が利用される。これは、カーシェアリング事業者など、クルマのサービス化を行っている事業者向けのプラットフォームサービス。アプリから会員登録、予約、利用、決済まで、EVカーシェアリングを利用するまでに必要な機能がすべて取り揃えられる。

この実験で利用される車は、日産自動車の「リーフ」1台と、テスラ社の「モデル3」2台。モデル3はインターネットに常時接続できるコネクテッドカーであり、走行距離や充電残量、充電器への接続状況といったデータを「Kuruma Base」へ取得・連携する。

カーシェアリングの運用には、専用基盤を導入し、ドアロックなどを制御できる専用端末や利用者用スマートフォン用アプリケーション、管理コンソール、運用サポートサービスなどの利用環境が整備されている。

北海道電力は、この実証を通じてEVの普及拡大による運輸部門の電化を推進し、カーボンニュートラルの実現を目指す。また、スマートバリューでは電力需給のひっ迫が発生している現在、EVが「走る蓄電池」として期待されているとし、エネルギーの最適化と移動における地域の課題解決の両方の観点から、サービスの充実を図る。

関連記事

  • カーレンタル北海道とは?新千歳空港から利...

  • ワールドネットレンタカーとは?北海道を中...

  • HDCレンタカーとは?北海道函館市のレン...

  • 芽室MaaSとは?北海道の国土交通省支援...