レンタカー特化型メディア

トップ > 検索結果

先進技術

  • 札幌MKがヒョンデ「IONIQ 5」をタクシーに:寒冷地でのEVタクシー導入

    出典:札幌エムケイ株式会社 札幌エムケイ株式会社(以下、「札幌MK」)は2024年2月13日、脱炭素社会への貢献と顧客サービスの向上を目的として、ヒョンデ「IONIQ 5」を2台、タクシー車両として導入した。この導入は、京都に本社を置くMKグループが掲げる「2030年までに全車ZEV(ゼロ・エミッション・ビークル)化」という目標の一環であり、京都でのEV運用実績を踏まえ、寒冷地である札幌でのEV導...

  • 完全自動運転に関する世代別期待と懸念:株式会社KINTO調査

    出典:株式会社KINTO 株式会社KINTO(本社:愛知県名古屋市)は、2024年1月18日から20日にかけて、運転免許を保有する20~30代、40~60代、70代以上の男女合計663名を対象に、「完全自動運転」に関する世代別比較調査を実施した。本調査は、IDEATECHが提供するリサーチPR「リサピー®︎」を用いてインターネット上で行われた。完全自動運転とは、「全ての運転操作を自動化した状態」を...

  • 新潟県弥彦村にて「MiCa」運行開始!自動運転技術が地域交通を変革

    出典:大日本印刷(DNP) 新潟県弥彦村は、ソフトバンク子会社のBOLDLY株式会社、大日本印刷株式会社(DNP)等と連携し、2024年2月2日より自動運転EV「MiCa」の通年運行を開始する。この取り組みは、地域交通の課題に対応し、持続可能な公共交通サービスの実現を目指すものである。

  • 鳥取市、自動運転バスの実証実験開始!2025年にレベル4目指す

    出典:WILLER株式会社 鳥取市において、WILLER株式会社と株式会社ティアフォーは、鳥取市次世代モビリティ推進会議や地元企業と協力し、自動運転サービス導入に向けた実証実験を2月15日から、2月25日まで実施する。このプロジェクトは、2025年に自動運転レベル4の実装を目指しており、地域の持続可能な交通システム構築に貢献することを目的としている。

  • 境町、国内自治体で初めて自動運転EV「MiCa」を導入

    出典:BOLDLY株式会社 茨城県境町が国内の自治体として初めて自動運転EV「MiCa(ミカ)」を導入した。この画期的な取り組みは、ソフトバンク株式会社の子会社であるBOLDLY株式会社(代表取締役社長兼CEO:佐治友基)の協力のもと、2023年12月に実現された。

  • 物流が変わる:T2、2026年までに自動運転トラック輸送事業化へ

    出典:株式会社T2 自動運転トラックによる物流の実現を目指す株式会社T2(千葉県市川市、森本成城社長)は、東京と大阪間の幹線輸送を対象に、2026年までに「レベル4」対応の完全自動運転トラックサービスを事業化する計画を発表した。これは、人手不足や運転手の長時間労働問題に対処するための重要な一歩であり、2030年までに約35%の荷物が運べなくなるという予測に対する解決策の一つとされている。

  • 日本の自動運転バスの展開:ティアフォーの新パートナーシップ、2025年実用化を目指す

    出典:アイサンテクノロジー株式会社 自動運転技術の普及に向けた動きが世界的に加速している中、日本国内でもその波が高まっている。WILLER株式会社と株式会社ティアフォーは、自動運転バスを活用した新たなモビリティサービスの創出を目指し、連携を開始した。公共交通の減便や廃止による利便性の低下が全国的な課題となっている中、自動運転技術を導入することで、都市部から地方部に至るまでの地域交通システムをサステ...

  • 四日市、自動運転EVバスによる未来のモビリティ実証実験実施中

    出典:四日市市公式サイト 四日市市は、株式会社マクニカ、三重交通株式会社、三岐鉄道株式会社、芙蓉総合リース株式会社、芙蓉オートリース株式会社、日本信号株式会社、株式会社シー・ティー・ワイと共に、中央通りにおける魅力的なまちなかの実現を目指して自動運転EVバスを活用したモビリティ実証実験を11月19日まで実施中だ。本実証実験は、自動運転導入検討会議及び四日市スマートリージョン・コア推進協議会の協力の...

  • 1人のドライバーが2台のトラックを制御:秋田市、自動運転トラックの実証実験を開始

    出典:秋田県公式サイト 秋田市では、トラックドライバー不足や労働環境改善への対応策として、自動運転の実証実験を実施中だ。この試みは、1人のドライバーが2台のトラックを制御するというアプローチを取り入れており、効率性と安全性の向上が期待されている。実験は、2023年11月22日まで実施される。

  • タクシー不足解決へ:『NearMe』のシェア乗りサービスが日の丸交通に年内導入決定

    出典:株式会社NearMe日本のタクシー業界は、深刻なドライバー不足という問題を抱えている。近年15年で約40%ものドライバー数が減少し、インバウンドの急回復に伴う需給バランスの崩れが問題視されている。こうした背景の中、株式会社NearMe(以下:ニアミー)が推進する「シェア乗り」構想が注目を集めている。