レンタカー特化型メディア

                               

レンタカーの在庫を一括管理!メトロエンジン「メトロコンダクター」

新型コロナウイルスによるパンデミックは、多くの業界、特に観光業界に深刻な影響を与えた。レンタカー業界も例外ではない。業界は、コロナ禍が落ち着きを見せるとともに回復を果たしつつある一方で、人手不足や、それによる在庫管理の問題に直面している。今回は、レンタカー業界の課題と、それを解決する在庫自動管理システム「メトロコンダクター」について紹介していく。

                               

レンタカー業界の現状:コロナ影響下のレンタカー料金と車両数の変動分析

新型コロナウイルスの影響は、多様な業界に深刻な影響を与えた。特に観光業界はその大波を余儀なくされ、その一部としてのレンタカー業界も例外ではなかった。その中で、レンタカー業界はどのように変化したのだろうか。

                               

【自動運転記事まとめ】自動運転とは?基礎知識から現状・今後の展望までを解説!

近年、自動運転技術が急速に進歩している。日本のホンダは自動運転レベル3の市販車を発売し、メルセデスもレベル3の提供を開始した。アメリカや中国では、自動運転タクシーが街を賑わせ、一部には完全無人のタクシーも姿を現している。国内では、過疎化が進む地域での公共交通としての役割や、都市部での利便性向上を目指し、実証実験が積極的に行われている。今回は、これまで本メディアで紹介してきた自動運転に関する記事をまとめる。

                               

【2023年最新版】レンタカーの台数はどうなっているのか? 大手7社を徹底比較

一般社団法人レンタカー協会では、2023年3月末時点での大手レンタカー会社7社の車両保有台数の調査結果を公表している。今回はこのデータをもとに、レンタカー業界の現状について簡単に紹介する。

今後のレンタカー業界はどうなる?「旅行需要回復、EV普及、自動運転」3つの変化を解説!

2023年以降のレンタカー業界に起こるであろう変化を、「旅行需要」「電気自動車(EV)」「自動運転」の3つのキーワードから解説する。

  • 全国

  • 海外

  • new 四国旅行がもっと便利に!『四国ハイウェイバスフリーパス』販売開始

    出典:ウェルネット株式会社 ウェルネット株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:宮澤一洋)は、2024年2月22日に四国島内の高速バス路線に向けた新たなサービス、「四国ハイウェイバスフリーパス」のWEB乗車券プラットフォームの提供を開始した。このサービスは、伊予鉄バス株式会社、ジェイアール四国バス株式会社、大川自動車株式会社、四国高速バス株式会社、徳島バス株式会社、とさでん交通株式会社の6社...

  • new レンタルが主流!キャンピングカー利用の現状と選択ポイントを徹底調査

    丸吉日新堂印刷株式会社(本社:札幌市豊平区)が運営するキャンピングカー・キャンプ情報サイト『キャンラブ』は、アフターコロナの時代を迎え、高まるアウトドア活動の人気の中で、キャンプでのキャンピングカー利用に関するアンケートを実施した。この調査は、全国の20代から60代までのキャンプ経験者106名を対象に行われ、キャンピングカー利用の現状とその選択基準について明らかにした。

  • ドアツードアで楽しむ春旅行!NearMeエアポートシャトルの早割キャンペーン

    出典:株式会社NearMe 株式会社NearMe(本社:東京都中央区、代表取締役社長:髙原幸一郎)は、この春の旅行シーズンを快適かつ経済的に楽しむための早割キャンペーンを開始した。2024年2月20日から3月31日までの期間、同社が提供するエアポートシャトルサービスを利用する際、タクシーのシェア乗りにおいて500円割引となるクーポンコード「HAYAWARI」の提供を行う。このクーポンを使用して乗車...

  • フェス参加の移動手段は?電車・新幹線が最も人気、レンタカーの利点とは

    引用元:株式会社NEXERとUqey 出典:株式会社NEXER 株式会社NEXERとUqey(ユーキー)は、2024年2月9日から2月13日にかけて、「フェスや野外イベントに参加するときの交通手段」に関する共同調査を行った。この調査は、フェスや野外イベントなどに参加したことがあると回答した全国の男女500名を対象に実施され、インターネットを通じて有効な回答が集められた。調査結果は、株式会社NEXE...

  • 札幌MKがヒョンデ「IONIQ 5」をタクシーに:寒冷地でのEVタクシー導入

    出典:札幌エムケイ株式会社 札幌エムケイ株式会社(以下、「札幌MK」)は2024年2月13日、脱炭素社会への貢献と顧客サービスの向上を目的として、ヒョンデ「IONIQ 5」を2台、タクシー車両として導入した。この導入は、京都に本社を置くMKグループが掲げる「2030年までに全車ZEV(ゼロ・エミッション・ビークル)化」という目標の一環であり、京都でのEV運用実績を踏まえ、寒冷地である札幌でのEV導...

  • 仙台都心部を快適に移動!電動キックボード・自転車シェア「LUUP」提供開始

    出典:株式会社Luup 株式会社Luupは、2024年2月28日(水)12時より、仙台市で電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP(ループ)」の提供を開始する。また同日、サービス開始に伴い、利用者への正しい交通ルールの周知を目的としたイベントが仙台AERのアトリウムで開催される。

  • ライドシェアの仕事に対する主婦・主夫の本音:安全性への懸念が浮き彫りに

    出典:株式会社ビースタイル ホールディングス ビースタイルホールディングス運営の『しゅふJOB総研』は、仕事と家庭の両立を希望する主婦・主夫層を対象に行った「ライドシェアの仕事」に関するアンケート調査の結果を発表した。この調査は2024年1月17日から24日にかけてインターネットリサーチで実施され、有効回答者数は536名であった。

  • 今週のガソリン価格動向:横ばいを維持しつつ、来週の値上げに警戒

    出典:株式会社ゴーゴーラボ 株式会社ゴーゴーラボが運営する、全国のガソリン価格やガソリンスタンドのサービス情報を共有するプラットフォーム「gogo.gs」は、2024年2月19日時点でのレギュラーガソリンの全国平均価格が170.1円であることを発表した。これは先週と比較して変わらない状況であり、価格は横ばいである。

  • 日本マクドナルドにEV充電ステーション導入!DMMが急速・普通充電器を展開

    出典:合同会社DMM.com 合同会社DMM.com(以下「DMM」)は、自社のEV充電サービス「DMM EV CHARGE」を、日本マクドナルド株式会社が運営する一部店舗に急速充電器および普通充電器として導入することを発表した。この取り組みは、世界的に高まっているエネルギー節約と地球温暖化対策への需要に応え、電動車(EVおよびPHV)への注目が増している中で、充電インフラの充実を図るものである。

  • ラストマイル物流革命!エニキャリによる軽貨物車両リースサービス「K-VAN」開始

    出典:株式会社エニキャリ ラストマイル物流に特化したソリューションを提供する株式会社エニキャリは、2024年2月1日より「K-VANリース」という新事業を開始した。このサービスは、軽貨物運送業の個人事業主や法人に対し、中古の軽貨物車両をリースするものであり、物流業界における2024年問題やトラックドライバー不足の解消に貢献することを目指している。

  • JAF札幌支部、新千歳空港にて外国人の安全運転を呼びかけるイベント開催

    出典:一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】 北海道警察本部と新千歳空港レンタカー協議会は、2024年2月2日に新千歳空港ターミナルビル及びニッポンレンタカー北海道 新千歳空港で、外国人観光客向けの交通安全啓発活動を実施する。この取り組みは、一般社団法人日本自動車連盟(JAF)札幌支部のもと、外国人観光客が運転するレンタカーによる交通事故を減少させることを目的としている。

  • Klook調査報告:バレンタインデー、20代の旅行意識と人気の旅行先

    出典:Klook 旅行・レジャー予約サイトKlookは、20代の独身かつ子供のいない会員688名を対象に「バレンタインデーと旅行に関する意識調査」を実施した。この調査は2024年1月24日から28日にかけてインターネットで行われ、有効回答数は688件であった。

  • Klook旅行動向調査:アジア太平洋地域の旅行者が次に行きたい旅行先1位は日本!

    出典:Klook 旅行・レジャー予約サイトのKlookは、アジア太平洋地域13市場2600名を対象に行った旅行に関する意識調査の結果を発表した。この調査によれば、回答者の約半数(46%)が次の旅行先として日本を選んでおり、13市場中10市場で日本が1位にランクインしている。これは、日本が旅行者にとって引き続き魅力的な目的地であることを示している。

  • 快適なハワイ滞在のために:JALとWHILLが電動車椅子レンタルサービスを開始

    出典:WHILL株式会社・日本航空株式会社 日本航空株式会社(JAL)とWHILL株式会社は、ハワイにおける電動車椅子近距離モビリティ「WHILL」のレンタルサービスを2023年12月7日に開始する。このサービスは「誰もが旅を通じて、より豊かな人生を楽しめる社会の実現」を目指しており、移動にバリアを感じるお客様の不安を解消し、快適な移動をサポートすることが目的だ。

  • ホンダ、GM、クルーズ社が挑む:2026年、東京で自動運転タクシーサービス開始へ

    出典:HONDA公式サイト 2023年10月19日、ホンダは自動運転モビリティサービスに関する記者会見を行った。その中で、2026年初頭に東京で自動運転タクシーサービスを開始すると発表した。具体的には、ホンダ、GM、クルーズ社の3社が合弁会社を設立し、新しいモビリティサービスを提供する方針だ。

  • レンタカーはEVを選択:インバウンド観光の行動パターンと意識変化の調査

    出典:unsplash 株式会社JTB総合研究所とCint Japan株式会社は共同で「旅マエ~旅ナカにおける訪日旅行者の行動変化と持続可能な観光への意識調査」を実施した。訪日旅行者の情報収集や行動パターンの変化、持続可能性に関する意識はどのようなものだろうか。

  • 交通革命かリスクか?ライドシェアに対する国内の意識調査

    (出典:紀尾井町戦略研究所) ライドシェアは、自家用車を用いて有償で乗客を運ぶ新たな交通サービスである。紀尾井町戦略研究所株式会社(KSI)は、このライドシェアに対する日本国民の意識調査を実施した。調査結果からは、ライドシェアへの賛否や期待、不安が浮かび上がってくる。

  • 進化する自動運転、日本は追いつけるか? 米中とのギャップの現状

    (出典:ZENコネクト公式サイト、福井県福井県永平寺町) 日本の完全自動運転車の発展は、他国に比べ緩やかだ。福井県永平寺町で運行が始まった国内初の完全自動運転車は、安全性が高く事故は起きていないものの、自転車並みの極端な低速走行と閉鎖空間での運用にとどまっている。これに対して、米国や中国は市街地での自動運転を実現しており、そのギャップは拡大している。

  • 日産リーフが自動運転技術の先駆者へ:英国で「evolvAD」始動

    (出典:日産自動車ニュースルーム) 2023年9月27日、日産自動車傘下の欧州日産の支援により、英国政府が資金提供する英国の最新の自動運転研究プロジェクト「evolvAD」が正式に開始したと発表した。プロジェクトは、英国の自動運転技術を強化し、その大規模採用に向けた準備を技術的に支援することを目指し、自動運転車が公道で走行する。

  • SolyuとSkyDrive、韓国の都市型航空交通での「空飛ぶクルマ」導入に合意

    (出典:株式会社SkyDrive) 株式会社SkyDriveと韓国の航空機リース会社、Solyu Company, Ltd.は「空飛ぶクルマ」の最大50機のプレオーダーに関して合意の覚書を締結した。SkyDriveは「空飛ぶクルマ」および「物流ドローン」の開発を行っている。一方、Solyuはソウルを拠点とし、eVTOL、eCTOL、eSTOLといったゼロエミッション航空機のリースを主業とする。

               

該当の記事がありません