レンタカー特化型メディア

                               

トヨタレンタカー、メトロエンジンの在庫管理システム「メトロコンダクター」を全国1,100店舗で導入!

出典:メトロエンジン株式会社 ダイナミックプライシングシステムの開発及びデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進を宿泊業界を中心に行うメトロエンジン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:田中良介)は、この度、トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、代表取締役社長:佐藤恒治)が運営するトヨタレンタカー全国約1,100店舗において、同社が提供する「メトロコンダクター」システムの正式導入が決定したと発表した。

                               

2023年第四四半期カーシェアリング市場分析:主要5社ステーション数4.7%増、車両台数も6.0%増の48,055台に

出典:カーシェアリング比較360°「サービス提供会社別 ステーション数推移(主要5社 2023.10~12)」 カーシェアの情報比較サイト「カーシェアリング比較360°」による独自の集計データにより、カーシェアリング市場は、2023年第四四半期においても成長を続けていることがから明らかとなった。この期間における主要5社の合計ステーション数は、前期比4.7%増の23,103箇所となり、車両台数も6.0%増の48,055台に達した。これは、ステーション数、車両台数共に、前期からの増加傾向を維持していることを示している。

                               

レンタカーの在庫を一括管理!メトロエンジン「メトロコンダクター」

新型コロナウイルスによるパンデミックは、多くの業界、特に観光業界に深刻な影響を与えた。レンタカー業界も例外ではない。業界は、コロナ禍が落ち着きを見せるとともに回復を果たしつつある一方で、人手不足や、それによる在庫管理の問題に直面している。今回は、レンタカー業界の課題と、それを解決する在庫自動管理システム「メトロコンダクター」について紹介していく。

                               

レンタカー業界の現状:コロナ影響下のレンタカー料金と車両数の変動分析

新型コロナウイルスの影響は、多様な業界に深刻な影響を与えた。特に観光業界はその大波を余儀なくされ、その一部としてのレンタカー業界も例外ではなかった。その中で、レンタカー業界はどのように変化したのだろうか。

                               

【2023年最新版】レンタカーの台数はどうなっているのか? 大手7社を徹底比較

一般社団法人レンタカー協会では、2023年3月末時点での大手レンタカー会社7社の車両保有台数の調査結果を公表している。今回はこのデータをもとに、レンタカー業界の現状について簡単に紹介する。

  • 全国

  • 海外

  • ヨコオとスマートバリュー、協業により新たなサービス展開へ

    出典:株式会社ヨコオ 2024年4月15日、株式会社ヨコオ(本社:東京都千代田区、社長:徳間孝之)は、モビリティのシェアリングプラットフォームを展開する株式会社スマートバリュー(本社:大阪府大阪市、取締役兼代表執行役社長:渋谷順)との協業を発表した。この協業により、スマートバリューの提供する「Kuruma Base」に、ヨコオが開発した無人鍵開閉システムが導入され、新たなカーシェアサービスが拡販さ...

  • 楽天トラベルが多言語対応のレンタカーサービスを開始

      (出典:楽天グループ株式会社) 楽天グループ株式会社が運営する旅行予約サービス「楽天トラベル」が、英語・韓国語・繁体字(台湾)でもレンタカー予約サービスを2024年4月17日より提供開始した。このサービスでは、利用者が直感的に操作できるシンプルなUIを導入し、多言語対応の予約ページが提供される。対象店舗数は全国の主要レンタカー会社を中心に約3,000店舗で、今後も連携先を増やしていく予定だ。

  • 建設業界の課題を解決するイノベーション:アースカーがワークカーサービスを開始!

    出典:株式会社アースカー カーシェアリングサービス「EARTHCAR」を提供する株式会社アースカー(東京都千代田区、代表取締役社長:遠藤昭二)は、建設機械車両(以下、建機)の無人レンタルサービス『WORKCAR(ワークカー)』を2024年4月10日から開始した。

  • エムケイ株式会社、メルセデス・マイバッハ「GLS」を日本初のタクシー・ハイヤー車両として導入

    (出典:MKグループ) エムケイ株式会社(本社:京都市南区、社長:前川博司)が、2024年4月12日にメルセデス・マイバッハ「GLS」を日本初のタクシー・ハイヤー車両として導入した。この導入は、MKが今後も快適で安全な車内空間と革新的なクルマ体験を提供することを目指す一環である。

  • クルマで四国を満喫!訪日外国人向けレンタカー観光特集ページ『DRIVE SHIKOKU』公開

    出典:株式会社ナビタイムジャパン 一般社団法人四国ツーリズム創造機構と株式会社ナビタイムジャパンは、英語圏および繁体字圏の訪日外国人観光客を対象に、四国内のレンタカー利用を推奨する特設ページ「DRIVE SHIKOKU特集ページ」を公開した。この取り組みは、訪日外国人観光客による四国の周遊を促進し、地域の観光振興を図ることを目的としている。

  • JTB調査報告:2024年GW、旅行市場は回復傾向に

    JTBは2024年のゴールデンウィーク(4月25日~5月5日)における日本人の旅行動向に関する調査結果を発表した。この調査は、経済動向、消費者行動、運輸・観光データに基づくもので、1969年以降、年次で実施されている。今年の主なポイントとして、総旅行者数が2,332万人(対前年101.8%)、総旅行消費額が9,630億円(対前年111.2%)に達しており、前年比でわずかながら増加していることが挙げ...

  • 旅行者の地域経済効果が4倍に!自治体による交通費支援効果とは

    スタートアップ企業のFourwin株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:永瀬 駿平)が、旅行者の交通費を自治体等が負担するアプリ「FreeTraffic」の実証実験を北海道島牧村で行った。この試みにより、交通費を負担することで、その4.14倍の直接経済効果が得られることが明らかになった。

  • 非対面でスムーズ!空港直結インバウンド向けレンタカーサービス『JCO Rental』開始

    出典:株式会社Strive Trading 株式会社Strive Tradingは、2024年4月20日土曜日17:00より、国内初の非対面・空港配車型インバウンド向けレンタカーサービス「JCO Rental」の提供を開始することを発表した。このサービスは、空港到着ゲートから待ち時間なく直接レンタカーを利用できる特長を持つ。車両は空港のコインパーキングに配備され、専用アプリを通じて鍵の開閉が行われ...

  • トヨタレンタカー、メトロエンジンの在庫管理システム「メトロコンダクター」を全国1,100店舗で導入!

    出典:メトロエンジン株式会社 ダイナミックプライシングシステムの開発及びデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進を宿泊業界を中心に行うメトロエンジン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:田中良介)は、この度、トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、代表取締役社長:佐藤恒治)が運営するトヨタレンタカー全国約1,100店舗において、同社が提供する「メトロコンダクター」システムの正式導...

  • WHILL社、シニア世代の移動手段に関する意識調査を実施:自宅近くの運転が課題

    出典:WHILL株式会社 WHILL株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長 CEO:杉江理)は、全国65歳以上の男女300名を対象に、「シニア世代の日常生活における距離と運転意向度の関係性についての調査」を2024年2月21日から22日にかけて実施した。この調査は、日本社会が高齢化する中、シニア世代の自立的な移動手段の確保と外出機会の維持が重要であるという背景の下で行われた。

  • JAF札幌支部、新千歳空港にて外国人の安全運転を呼びかけるイベント開催

    出典:一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】 北海道警察本部と新千歳空港レンタカー協議会は、2024年2月2日に新千歳空港ターミナルビル及びニッポンレンタカー北海道 新千歳空港で、外国人観光客向けの交通安全啓発活動を実施する。この取り組みは、一般社団法人日本自動車連盟(JAF)札幌支部のもと、外国人観光客が運転するレンタカーによる交通事故を減少させることを目的としている。

  • Klook調査報告:バレンタインデー、20代の旅行意識と人気の旅行先

    出典:Klook 旅行・レジャー予約サイトKlookは、20代の独身かつ子供のいない会員688名を対象に「バレンタインデーと旅行に関する意識調査」を実施した。この調査は2024年1月24日から28日にかけてインターネットで行われ、有効回答数は688件であった。

  • Klook旅行動向調査:アジア太平洋地域の旅行者が次に行きたい旅行先1位は日本!

    出典:Klook 旅行・レジャー予約サイトのKlookは、アジア太平洋地域13市場2600名を対象に行った旅行に関する意識調査の結果を発表した。この調査によれば、回答者の約半数(46%)が次の旅行先として日本を選んでおり、13市場中10市場で日本が1位にランクインしている。これは、日本が旅行者にとって引き続き魅力的な目的地であることを示している。

  • 快適なハワイ滞在のために:JALとWHILLが電動車椅子レンタルサービスを開始

    出典:WHILL株式会社・日本航空株式会社 日本航空株式会社(JAL)とWHILL株式会社は、ハワイにおける電動車椅子近距離モビリティ「WHILL」のレンタルサービスを2023年12月7日に開始する。このサービスは「誰もが旅を通じて、より豊かな人生を楽しめる社会の実現」を目指しており、移動にバリアを感じるお客様の不安を解消し、快適な移動をサポートすることが目的だ。

  • ホンダ、GM、クルーズ社が挑む:2026年、東京で自動運転タクシーサービス開始へ

    出典:HONDA公式サイト 2023年10月19日、ホンダは自動運転モビリティサービスに関する記者会見を行った。その中で、2026年初頭に東京で自動運転タクシーサービスを開始すると発表した。具体的には、ホンダ、GM、クルーズ社の3社が合弁会社を設立し、新しいモビリティサービスを提供する方針だ。

  • レンタカーはEVを選択:インバウンド観光の行動パターンと意識変化の調査

    出典:unsplash 株式会社JTB総合研究所とCint Japan株式会社は共同で「旅マエ~旅ナカにおける訪日旅行者の行動変化と持続可能な観光への意識調査」を実施した。訪日旅行者の情報収集や行動パターンの変化、持続可能性に関する意識はどのようなものだろうか。

  • 交通革命かリスクか?ライドシェアに対する国内の意識調査

    (出典:紀尾井町戦略研究所) ライドシェアは、自家用車を用いて有償で乗客を運ぶ新たな交通サービスである。紀尾井町戦略研究所株式会社(KSI)は、このライドシェアに対する日本国民の意識調査を実施した。調査結果からは、ライドシェアへの賛否や期待、不安が浮かび上がってくる。

  • 進化する自動運転、日本は追いつけるか? 米中とのギャップの現状

    (出典:ZENコネクト公式サイト、福井県福井県永平寺町) 日本の完全自動運転車の発展は、他国に比べ緩やかだ。福井県永平寺町で運行が始まった国内初の完全自動運転車は、安全性が高く事故は起きていないものの、自転車並みの極端な低速走行と閉鎖空間での運用にとどまっている。これに対して、米国や中国は市街地での自動運転を実現しており、そのギャップは拡大している。

  • 日産リーフが自動運転技術の先駆者へ:英国で「evolvAD」始動

    (出典:日産自動車ニュースルーム) 2023年9月27日、日産自動車傘下の欧州日産の支援により、英国政府が資金提供する英国の最新の自動運転研究プロジェクト「evolvAD」が正式に開始したと発表した。プロジェクトは、英国の自動運転技術を強化し、その大規模採用に向けた準備を技術的に支援することを目指し、自動運転車が公道で走行する。

  • SolyuとSkyDrive、韓国の都市型航空交通での「空飛ぶクルマ」導入に合意

    (出典:株式会社SkyDrive) 株式会社SkyDriveと韓国の航空機リース会社、Solyu Company, Ltd.は「空飛ぶクルマ」の最大50機のプレオーダーに関して合意の覚書を締結した。SkyDriveは「空飛ぶクルマ」および「物流ドローン」の開発を行っている。一方、Solyuはソウルを拠点とし、eVTOL、eCTOL、eSTOLといったゼロエミッション航空機のリースを主業とする。

               

該当の記事がありません