レンタカー特化型メディア

トップ > 検索結果

新サービス

  • CARROZZAレンタカー、新たなAI活用フランチャイズモデルを発表 – 地域インフラへの新たな挑戦

    (出典:株式会社CARROZZA) レンタカー業界の革新を目指すCARROZZAレンタカーが、新たなフランチャイズ店舗サポートシステムを発表した。このシステムは、AIを活用して通訳機能や観光案内を効率的に提供し、フランチャイズへの参入コストを大幅に削減することを目指している。コロナ後の観光需要の回復に対応し、地域社会への貢献も視野に入れたこの取り組みは、業界内で注目を集めている。

  • 日本初:MKがメルセデス・ベンツの電動車EQEをタクシーに導入

    (出典:エムケイ株式会社) エムケイ株式会社(以下「MK」)は、2024年6月5日、日本で初めてメルセデス・ベンツの電動車「EQE」をタクシー車両として導入した。この車は、メルセデス・ベンツのエンジン車「Eクラス」に相当するミッドサイズのビジネスセダンであり、「ワン・ボウ」と呼ばれる未来的なシルエットデザインを特徴としている。さらに、メルセデス初のEV専用プラットフォーム「EVA2」を搭載し、車内...

  • アズームとPathfinderの協業第一弾:駐車場不足、利用効率解消に向けたサービス展開

    (出典:株式会社アズーム) 株式会社アズーム(東京都渋谷区、代表取締役:菅田洋司)とPathfinder株式会社(東京都板橋区、代表取締役:小野崎悠介)は、片道レンタカーマッチングサービスでの協業を発表した。この協業は、遊休資産を有効活用し、持続可能な交通システムの構築と二酸化炭素(CO2)排出削減を目指すものである。

  • ドコモ・バイクシェア、新機能「返却ポート予約」を導入

    (出典:株式会社ドコモ・バイクシェア) ドコモ・バイクシェアは、公式アプリ「バイクシェアサービス」の最新バージョン(ver1.15.0)において、自転車利用中に返却先のポートを予約できる新機能「返却ポート予約」を導入した。この機能は、利用者が返却時に空きポートがないか心配することなく、安心してサービスを利用できるようにするためのものである。

  • 東京から日光への新しいサイクルフレンドリーレンタカーサービス『NIKKOカタレン』とは?

    (出典:NIKKOカタレン) Pathfinder株式会社はサイクリストにとって魅力的なスポットが多く点在する栃木県日光市で、2024年3月から新たな交通サービス「NIKKOカタレン」を開始した。このサービスは、サイクリング愛好者がより気軽に日光の自然を満喫できるよう設計されており、特に自転車を簡単に運べるサイクルキャリアを装備したレンタカーを提供する点が特徴だ。

  • タイムズパーキングでEV充電実証試験開始:「aima CHARGE」登場

    (出典:株式会社東光高岳) 株式会社東光高岳とパーク24株式会社、およびタイムズ24株式会社は、2024年7月8日より、時間貸駐車場「タイムズパーキング」においてEV充電サービスの実証試験を開始する。この実証試験は、EV充電インフラの拡充を目指すものであり、サービス名称は『aima CHARGE』(読み:あいまチャージ)と決定した。2024年度内には設置場所を10カ所程度まで拡大する予定である。

  • ニコニコレンタカー、業界初の車両登録手続き代行サービス「ニコワークス」開始

    (出典:株式会社MIC) ニコニコレンタカーは、加盟店の増車や車両入替を支援する車両登録手続き代行サービス「ニコワークス」を開始した。異業種からの参入店舗や少人数で運営する店舗からは、車両購入後の手続きに時間がかかるという声が寄せられていたが、この新サービスにより、自動車の知識がなくてもスムーズに増車や車両入替が可能になる。

  • ニッポンレンタカー、新サービス『アプリチェックイン』全国29営業所で開始

    (出典:ニッポンレンタカーサービス株式会社) ニッポンレンタカーサービス株式会社は、2024年5月28日より全国の29カ所の営業所にて、スマートフォン用アプリを活用したレンタカー利用当日のカウンター手続きを省略する新サービス、「アプリチェックイン」を開始したことを発表した。

  • GO株式会社、新交通サービス「日本型ライドシェア」5月下旬より順次展開

    (出典:GO株式会社) GO株式会社が展開するNo.1タクシーアプリ『GO』は、北海道、宮城県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、広島県、福岡県の一部エリア・時間帯で、自家用車を活用した「日本型ライドシェア」サービスの提供を開始する。2024年5月下旬以降、各エリアおよびタクシー事業者の車両稼働に合わせて順次対応し、タクシーに加えてライドシェア車両も呼べるようにすることで、迅速な移動体験を提供し、サ...

  • ティアフォー、2024年内にレベル4自動運転タクシーサービスを提供へ

    (出典:株式会社ティアフォー) 自動運転の民主化をビジョンに掲げるティアフォーが、新たな移動サービスの提供を発表した。従来のタクシー配車が難航する時間帯や経路を対象に、自動運転水準がレベル4のロボットタクシーを活用する計画だ。この取り組みは、東京都お台場での実証から始まり、2024年11月から交通事業者との連携による本格的な事業化を目指す。