レンタカー特化型メディア

トップ > DX推進 > 日産自動車、北九州のEVシェアリング実証事業に「NISSAN e-シェアモビ」を提供

日産自動車、北九州のEVシェアリング実証事業に「NISSAN e-シェアモビ」を提供

投稿日 : 2022.10.10

DX推進

日産自動車では、北九州市と井筒屋が10月7日より合同で実施している「自治体―企業間EVシェアリング実証事業」に、自社の運営するカーシェアプラットフォーム「NISSAN e-シェアモビ」を提供すると発表した。

日産のカーシェア NISSAN e-シェアモビ

「自治体―企業間EVシェアリング実証事業」では、脱炭素社会の実現を目指し、自治体の公用車と企業の社用車に電気自動車(EV)シェアリングを導入する試みだ。EVの導入にあたって、北九州市と井筒屋では「NISSAN e-シェアモビ」の予約運用システムを活用するという。

日産自動車ではプラットフォームの提供に加え、実証事業期間中の北九州市と井筒屋の車両使用状況の分析にも取り組む。さらにEVシェアリングを組織間で運用することで得られる効果の検証や、課題の抽出のサポートも行うという。

なお、期間中の日産リーフの充電には、北九州市で発電する再生可能エネルギー100%電力が利用される予定だ。これも自動車走行によるCO2の発生ゼロを目指す取り組みの一環となっている。

日産自動車のEV専門カーシェアプラットフォーム「NISSAN e-シェアモビ」では、企業や自治体と連携し、平日は社用車や公用車として、休日は一般向けにシェアリングとして貸し出す「利用者共存サービスモデル」を推進している。しかし今回のような、同一のEVを公用車と社用車で兼用する形のシェアリングは全国初だという。

関連記事

  • クロスレンタカーとは?埼玉県で展開するレ...

  • 沖縄県レンタカー協会 車内に地域クーポン...

  • アイネットレンタカーとは?長期対応のレン...

  • アラカン、オリックス自動車と業務提携 レ...