レンタカー特化型メディア

トップ > コラム・レポート > タイムズクラブ会員調査:駐車場と駐輪場、現金派多数もキャッシュレス化進行中

タイムズクラブ会員調査:駐車場と駐輪場、現金派多数もキャッシュレス化進行中

投稿日 : 2024.02.13

指定なし

コラム・レポート

カーシェア

パーク24株式会社(本社:東京都品川区、社長:西川光一)は、会員制サービス「タイムズクラブ」の会員を対象に実施した「移動関連サービスの決済手段」に関するアンケート結果を発表した。本調査は、駐車場やカーシェア、レンタカー等のクルマに関わるサービスを利用した方々を対象に行われ、移動関連サービスの決済手段の現状と変化を明らかにしている。

調査結果によると、駐車場と駐輪場における現金決済の比率がキャッシュレス決済を上回る現象は、前年(2023年)の調査結果と変わらず、移動関連サービスの中で現金決済が最も多数を占める分野であることが確認された。駐車場における現金決済の比率は42%に達し、これは移動関連サービス全体で見ても特に高い数字である。対照的に、電車(在来線)におけるキャッシュレス決済の比率が82%と最も高いことも判明し、サービス領域によって決済手段の選好に大きな差が存在することが明らかになった。

キャッシュレス決済手段としては、「クレジットカード」の利用が70%に達し、最も一般的な手段であることが示された。これは前回調査で最も多かった「電子マネー」の68%を上回る結果であり、クレジットカードがキャッシュレス決済の主流であることを裏付けるものである。また、QR/バーコード決済の利用率が34%に達し、前回より5ポイント上昇していることから、多様なキャッシュレス決済手段が広がりを見せていることが伺える。

駐車場においては、「電子マネー」が最も便利だと思われる決済手段として71%の支持を得ており、次いで「クレジットカード」が66%、「QR/バーコード決済」が63%と続く。これらの数字は、前回調査から10ポイント以上の大幅な上昇を示しており、日常生活でのキャッシュレス決済の普及と共に、駐車場における決済方法に対する利用者の期待も高まっていることを示している。

パーク24では、タイムズパーキングの精算時にクレジットカードや電子マネー、QR/バーコード決済を利用できるようにしており、精算機に立ち寄ることなくスマートフォン一つで精算できるサービスも提供している。これらの取り組みは、キャッシュレス決済の一般化を促進し、利用者にとってより便利でスムーズなサービスの提供を目指している。

今回の調査結果は、移動関連サービスにおける決済手段の選好とその変化を具体的に示しており、キャッシュレス決済の普及に伴う利用者のニーズの変化を反映している。パーク24株式会社は、これらの調査結果を踏まえ、今後も利用者の利便性向上を目指したサービスの提供を進めていく方針である。

詳細はこちらから

合わせて読みたい
  • 完全自動運転に関する世代別期待と懸念:株...

  • 2035年ガソリン車新車販売禁止、車所有...

  • 超高齢社会における高齢ドライバー問題:何...

  • 東京在住Z世代の半数、車は”...

関連記事

  • ヨコオとスマートバリュー、協業により新た...

  • 楽天トラベルが多言語対応のレンタカーサー...

  • 建設業界の課題を解決するイノベーション:...

  • エムケイ株式会社、メルセデス・マイバッハ...