レンタカー特化型メディア

トップ > コラム・レポート > 月々2~3万円が主流!新車購入者のローン返済傾向と利用サービスの選択

月々2~3万円が主流!新車購入者のローン返済傾向と利用サービスの選択

投稿日 : 2023.07.27

指定なし

コラム・レポート

カーリース

(出典:ナイル株式会社)

東京都品川区を拠点とする「ナイル株式会社」が提供する、個人向けカーリースサービス「おトクにマイカー 定額カルモくん」は、新車をローンで購入した全国の男女234人を対象に、ローンに関する調査を実施した。今回は調査の内容を簡単に紹介する。

最も多い新車のローン年数は「5年」であり、40.5%の人がこれを選択している。ローンの年数を決めた主な理由として、「返済の額を考慮したから」という声が47.7%と最も多かった。月々の返済額と生活費とのバランスから最適な年数を選んでいるようだ。

そして、毎月の返済額に関しては、「2万円」と「3万円」がそれぞれ24.1%、24.5%と約半数を占めている。全体的には5万円以下の返済額を選ぶ人が約84%にのぼった。この返済額に対する感じ方を問われた際、53.2%が「妥当」と感じており、一方で41.0%が「少ない方がいい」との意見を示している。

頭金やボーナス払いについても調査され、62.8%の人がこれらの支払いを行っていることが明らかになった。頭金の平均額としては「30万円」が最も多く、10.1%の人がこの金額を支払っている。一方、ボーナス払いでは「5万円」が14.3%で最も多い結果となった。

この調査により、新車購入者の中でローン返済額として月々2~3万円を選ぶ人が多いこと、そして多くの人がその返済額を「妥当」と感じていることが明らかとなった。しかし、ローン返済の負担をさらに軽減したいという人々の声も大きい。

このような背景から、新車購入を検討する際、カーリースやマンスリーレンタカー等の選択肢も一考の余地がある。さらに、車の利用頻度によっては、カーシェアやレンタカーの利用も選択肢となるだろう。利用頻度や金額面によって、適切なサービスを選ぶことが重要だ。

■「おトクにマイカー 定額カルモくん」とは
ナイル株式会社が運営するカーリースサービス。月額10,000円台から利用可能で、2018年からのサービス開始以来、申込者数が15万人を突破。税金や保険、メンテナンス費用も含まれた定額での利用が可能で、新車リースは国産全メーカー・全車種、中古車リースは国産メーカー5,000台以上が対象となっている。
より詳細な調査結果はこちらから

▷カーリースについての記事はこちらから

「カーリース」の魅力:「マイカー」の定義を塗り替える新時代のカーライフ

▷マンスリーレンタカーについての記事はこちらから

マンスリーレンタカー:長期利用に最適なレンタカーサービスの選び方

合わせて読みたい
  • 【2023年最新版】レンタカーの台数はど...

  • 2023年上半期、個人向けカーリースラン...

  • ガソリン価格20円上昇が車買い替えの節目...

  • 【記事まとめ】EVの基本知識から事例、今...

関連記事

  • メトロエンジン主催:レンタカー業界向け無...

  • GWのドライブ旅行アンケート結果発表!人...

  • ヨコオとスマートバリュー、協業により新た...

  • 楽天トラベルが多言語対応のレンタカーサー...