レンタカー特化型メディア

トップ > DX推進 > 画像認証による車体損傷検知ソリューション 旧車レンタルサービスにてトライアル開始

画像認証による車体損傷検知ソリューション 旧車レンタルサービスにてトライアル開始

投稿日 : 2022.07.04

DX推進

ControlExpart Japan株式会社では、株式会社KINTOが運営する旧車コミュニティ「Vinage Club by KINTO」のレンタルサービスにおいて、画像認識技術を用いた車体損傷検知ソリューションのトライアルを開始した。

レンタカー返却時に欠かせない手続きである、車体の損傷チェック。一般的に、レンタカーの損傷チェックは人間の目視によって行われる。しかし人力による確認では、どうしても個々人による認識のばらつきが生じがちだ。

ControlExpart Japan株式会社では、自動車の損傷レベルをAIによって査定するプラットフォームを開発している。今回、当社が技術提供するのは、3,300人以上が所属する株式会社KINTOの旧車コミュニティ「Vinage Club by KINTO」だ。

Vinage Clubは、「少し昔の車」を気軽に楽しんでもらおうと、旧車のレンタルサービスを行っている。その車体損傷チェックで、ControlExpart Japan社の画像認識ソリューションが採用されることになった。

レンタルの前後に利用者がスマートフォンなどで車体を撮影すると、ControlExpart Japan社の画像認証技術により、貸出前と後の車体損傷の有無が自動的に検知される仕組みだ。

AIによる画像認識を組み込むことで、損傷チェックの効率が向上するだけなく、損傷の見落としによるトラブル防止の効果も期待されている。

関連記事

  • 「JR駅レンタカー」とは?JRのきっぷ割...

  • 片道レンタカーのSimpway「秋の日本...

  • 新潟県佐渡市 公用車の一部を休日にレンタ...

  • 「ワンズレンタカー」とは?全国展開の格安...