レンタカー特化型メディア

トップ > その他 > 大東建託パートナーズ、社有EV車を活用したカーシェアを共同で開始

大東建託パートナーズ、社有EV車を活用したカーシェアを共同で開始

投稿日 : 2022.12.15

その他

DX推進

大東建託パートナーズ株式会社と、株式会社REXEV、三井住友ファイナンス&リース株式会社、および住友三井オートサービス株式会社が、2023 年 3 月より共同で同社の社有車を活用し、大東建託パートナーズが管理する賃貸住宅の入居者を対象とした、「電気自動車カーシェア」の事業化に向けた取り組みを開始する。この事業では 4 社は、EV 蓄電池と IoT 技術を活用して新しい電力需給調整の仕組みを構築し、EV エネルギーマネジメントの実用化を目指していく。

大東建託パートナーズの八千代営業所(千葉県八千代市)により新たに導入される、業務用 EV の未利用時間を活かす新たな活用策としてこの取り組みは開始される。同社が管理する賃貸住宅に住む入居者が利用対象。
このカーシェアサービスを利用する際は、、REXEV が提供する EV 特化型のカーシェアサービス「eemo」(イーモ)アプリで予約をする必要がある。
入居者向けには、大東建託パートナーズの運営するサービスプラットフォーム「ruum」(ルーム)から本サービスの利用促進に向けて案内を行い、入居者の暮らしの利便性向上をはかる。
車両の予約情報は EV 車載蓄電池の充電情報とともにクラウドで集約および管理され、EV エネルギーを制御することで、利用者に安定的な EV カーシェアサービスを提供していく。

この事業による実証結果を広く発信することにより、地域の再生エネルギーの有効活用に向けた先行事例の確立を目指し、災害時のレジリエンス向上にもつなげていくとしている。

関連記事

  • レンタルキャンピングカーEVEとは?埼玉...

  • タステック・レンタリースとは?関東地方で...

  • オカダレンタカーとは?山口県周防大島で展...

  • 楽天トラベルレンタカー、累計利用台数1,...