レンタカー特化型メディア

トップ > DX推進 > DeNA 自家用車をカーシェア登録すると支援金がもらえるサービスを提供

DeNA 自家用車をカーシェア登録すると支援金がもらえるサービスを提供

投稿日 : 2022.09.27

DX推進

株式会社DNAでは、カーリース契約者が所有している車をカーシェアリングに登録し、貸出可能にすることで、貸出頻度に応じて支援金が支払われるサービスの提供を開始した。

SOMPOで乗ーるとは

このサービスは 、株式会社DeNA SOMPO carlifeが提供しているカーリース「SOMPOで乗ーる」の契約者が対象だ。SOMPOで乗ーるのリース契約者がDeNA SOMPO Mobilityの運営するカーシェアプラットフォーム「Anyca(エニカ)」に自家用車を登録すると、毎月定額の支援金が上限を4万円として支払われる。支援額はカーシェアサービスに蓄積された車種や地域などの利用データを元に、AIが算出し決定する仕組みだ。

本サービスは、新型コロナウイルスの影響で公共交通機関を避け、車で移動したいという利用者のニーズをカバーするために誕生した。免許は持っていても維持費の負担は厳しいという人に向け、割安で車を所有してもらおうという考えだ。

●Anyca(エニカ)とは
誰とも対面せず無人で受け渡しができる非接触型のカーシェアサービス。“乗ってみたいに出会える”カーシェアアプリをコンセプトに掲げており、対象車両はSUVにオープンカー、ミニバン、キャンピングカーやトラックまで幅広い。個人オーナーだけでなく、ディーラーの車両も利用できる点が特徴。現在、東京と神奈川をメインに100ステーションを展開している。

関連記事

  • 沖縄県レンタカー協会 車内に地域クーポン...

  • アイネットレンタカーとは?長期対応のレン...

  • アラカン、オリックス自動車と業務提携 レ...

  • 日本レンタカー「ブランド・オブ・ザ・イヤ...