レンタカー特化型メディア

トップ > DX推進 > 東海理化がデジタルキー活用の無人レンタカーシステムを開発

東海理化がデジタルキー活用の無人レンタカーシステムを開発

投稿日 : 2022.09.20

DX推進

自動車部品の開発に取り組む株式会社東海理化が、新たにデジタルキーを活用した無人レンタカーシステムを開発したと発表した。

東海理化

東海理化では、車向けのデジタルキーシステム「TOKAI RIKA Digitalkey」を提供している。その中で、レンタカー事業者が抱える「物理的な鍵の受け渡しのため、店舗に夜遅くまで人を配置しなければならない」という人員コストの悩みを把握していた。また、「アプリを導入したいが自社で開発するのは難しい」という声もあったという。

今回、同社が開発した無人レンタカーシステムでは、①車両の検索・予約 ②アプリ内決済 ③本人確認・貸渡証発行 ④デジタルキーでの施錠・解錠 という、無人レンタカーを運営する上で必要な機能をすべて搭載している。

レンタカー事業者が事前に車両情報をシステムに登録しておけば、利用者がアプリの地図上から車両を検索して予約が可能になる仕組みだ。支払いはアプリからクレジットカード決済で済ませられる上、追加決済にも対応している。また、デジタルキーを導入するにあたっての車両工事なども不要だ。

同社では開発に合わせ、プロトタイプ版の提供を開始する。レンタカー事業や利用者からのフィードバックを踏まえ、2023年1月の正式サービス開始を目指すという。

関連記事

  • 「JR駅レンタカー」とは?JRのきっぷ割...

  • 片道レンタカーのSimpway「秋の日本...

  • 新潟県佐渡市 公用車の一部を休日にレンタ...

  • 「ワンズレンタカー」とは?全国展開の格安...