レンタカー特化型メディア

トップ > DX推進 > 大和ハウス工業株式会社、「沖縄GOGO!シェア」MaaSの実証事業を開始

大和ハウス工業株式会社、「沖縄GOGO!シェア」MaaSの実証事業を開始

投稿日 : 2022.09.28

沖縄県

DX推進

大和ハウス工業株式会社および大和ハウスパーキング株式会社は沖縄県豊見城市において、2022年10月1日より、電動三輪モビリティのシェアリングサービス「沖縄GOGO!シェア」の実証事業を開始する。

(出典:沖縄GOGO!シェア)

地域密着型のビジネス創出や脱炭素社会の実現などを重要テーマとして掲げる大和ハウスグループ。モビリティサービスが地域住民や観光客の利便性向上、移動によるCO2排出量を削減などを達成できるという期待から、今回の実証実験が決まった。

同実証事業では、ショッピングセンター「iias(イーアス)沖縄豊崎」や瀬長島、オリオンECO美らSUNビーチなど市内6カ所に環境配慮型の電動三輪モビリティを配置する。

電動三輪モビリティは航続可能距離50kmでの安定性が高いことが特徴。普通自動車免許で公道の走行が可能であり、家庭用電源でも充電可能なバッテリーが搭載される。最高速度30km/h~45km/hまで設定が可能で、着座式の三輪車両であるため安定性や操作性が高いこともメリット。

利用者はスマートフォンの専用アプリ「GOGO!シェア」をダウンロードし、会員登録することでレンタル利用でき、アプリでモビリティの開錠・施錠、料金支払いなどを行える。基本料金は10分110円で、その他6時間コース、1日コースなども用意される。

実証期間は2022年10月1日から3年間を予定する。利用度や環境貢献度、事業収益性の検証を進めていく計画で、配置ポートは順次増加・入れ替えをして、利便性を高めながら展開するとのこと。

関連記事

  • 沖縄県レンタカー協会 車内に地域クーポン...

  • トラベルレンタカーとは?北海道・和歌山・...

  • 「あなたの街のレンタカー」とは?沖縄で展...

  • 【沖縄県】たびらいレンタカー×DFSキャ...