レンタカー特化型メディア

トップ > DX推進 > 日産が法人向けの車両管理システム「Nissan Biz Connect」を開発

日産が法人向けの車両管理システム「Nissan Biz Connect」を開発

投稿日 : 2022.11.22

DX推進

日産自動車株式会社が、コネクテッド技術を活用したサブスクリプション型の車両管理システム「Nissan Biz Connect」を開発したと発表した。サービス開始は2023年1月11日となる見込みだ。

日産自動車、コネクテッド技術を活用した法人向け車両管理システムを新たに開設

「Nissan Biz Connect」は、コンピュータと車をネットワーク技術で接続する「コネクテッド技術」によって、法人の車両管理を支援するサービスだ。当サービスは、「業務効率化」と「コスト削減」、「もしもの時の安心」の3つの課題解決に貢献する。

車体に専用の通信機を搭載することで、ドライバーの位置を一目で把握したり、車両の予約や稼働に関する状況をWebやスマートフォンから管理したり、といったことが可能となる。こちらは、モビリティ事業者や社用車を抱える企業にとって重宝する機能となりそうだ。

また、速度超過などの危険運転を通知する「安全運転診断」や、万が一の際に自動でエアバッグを展開し、必要に応じて救急車やレッカー車を手配する「事故時自動SOSサポートサービス」も提供される予定だ。

「Nissan Biz Connect」の正式サービス開始は2023年1月11日を予定している。そして今回、同社の電気自動車(EV)が保有する車両データを外部連携するサービス「Nissan Biz Connect API」の実証実験を1月より開始することが合わせて発表された。企業の運営するモビリティプラットフォームと車両データを連携することで、バッテリ残量を社外より確認し、車両運用を効率化する、といった利用法が想定されている。

関連記事

  • 沖縄県レンタカー協会 車内に地域クーポン...

  • アイネットレンタカーとは?長期対応のレン...

  • アラカン、オリックス自動車と業務提携 レ...

  • 日本レンタカー「ブランド・オブ・ザ・イヤ...