レンタカー特化型メディア

トップ > DX推進 > タイムズカー、ドアを解施錠できる機能をAndroid版アプリ搭載開始

タイムズカー、ドアを解施錠できる機能をAndroid版アプリ搭載開始

投稿日 : 2022.06.29

DX推進

タイムズモビリティ株式会社は、運営するカーシェアリングサービス「タイムズカー」のAndroid版アプリにおいて、会員カードを使わずアプリのみでクルマのドアロックを解施錠できる機能を6月28日より追加したと発表した。

(出典:タイムズカー)

また、同社は6月29日より期間限定で、この新機能の利用者などを対象にしたキャンペーンも実施する。

「タイムズカー」は、会員登録をすれば、24時間365日いつでもクルマを利用できるカーシェアリングサービス。レンタカーのように店舗で手続きをする必要がないため、出発時刻や帰着時刻を気にすることなく借りられるなどの利便性の高さが支持され、2022年5月末時点での会員数は180万名以上にのぼる。

従来、タイムズカーを利用する際は、1人1枚発行される会員カードを車両のカードリーダーにかざしてクルマのドアロックを解施錠する必要があった。しかし、2022年2月からは、公式アプリからドアロックを解施錠できる新機能をiOSで先行リリース。利用開始や返却の際に会員カードを取出す手間が不要となり、車両の予約から利用終了までアプリのみで完結できることから好評だったという。

そして今回、Android版においても同機能の追加が決まった。事前にアプリからSMS認証を行い、対象機器として端末を登録することで利用できる。

より多くの会員への新機能の活用を促すため、6月29日から8月31日の期間限定で「アプリを使おうキャンペーン」が実施される。具体的には、iOS版およびAndroid版のタイムズカーアプリで車両を予約した人や解施錠機能を利用した人など、条件に応じて以下の特典をプレゼントするという内容。

  1. アプリ解施錠の利用登録→「30分カーシェアeチケット」
  2. アプリでタイムズカーを予約してクルマを利用→「30分カーシェアeチケット」
  3. アプリによるクルマの解施錠で利用開始もしくは返却→「30分カーシェアeチケット」
  4. 上記1〜3を全て満たす人→抽選で2,000名に「6時間カーシェアeチケット」

キャンペーンへのエントリー手続きは不要。特典②と③は、予約後にキャンセルした場合や、利用金額が0円の場合は対象外。キャンペーンの詳細は公式HP(https://share.timescar.jp/news/2022/0629/957.html)から確認可能。

関連記事

  • D-shareとは?大和リース株式会社が...

  • 大和ハウス工業株式会社、「沖縄GOGO!...

  • DeNA 自家用車をカーシェア登録すると...

  • 「ハローレンタカー」とは? 名古屋市の激...