レンタカー特化型メディア

トップ > DX推進 > ドイツのフォルクスワーゲン社がEVシェア事業を売却

ドイツのフォルクスワーゲン社がEVシェア事業を売却

投稿日 : 2022.11.07

DX推進

ドイツの大手自動車メーカーであるフォルクスワーゲン社が、自社の電気自動車(EV)カーシェアリング事業をマイルス・モビリティー社に売却したと発表した。売却後も車両を提供する形で提携が継続される。

フォルクスワーゲン公式サイト

今回フォルクスワーゲンが売却したのは、「ウィー・シェア(WeShare)」と呼ばれるEV専門のカーシェアリングサービス。9都市で事業を展開し、「ID.3」「ID.4」など2,000台を運用。ユーザー数は20万人を超える。

一方、売却先のマイルス・モビリティーはドイツのカーシェアリング企業で、現在、国内8都市で9,000台を運用しており、その7割をフォルクスワーゲンの車両が占めている。2022年秋からはベルギーのブリュッセルとゲントにも進出し、計10都市での運営となる。売却額については公表されなかった。

フォルクスワーゲンでは今後、EVを提供する形で業務提携を継続する。まずはアウディやセアトクアプラなど、電気のみで動く純粋なEVを1万台以上を調達するという。また、フォルクスワーゲングループが提供するモビリティ・プラットフォームを通してサービス拡大に協力していく方針だ。

関連記事

  • 沖縄県レンタカー協会 車内に地域クーポン...

  • アイネットレンタカーとは?長期対応のレン...

  • アラカン、オリックス自動車と業務提携 レ...

  • 日本レンタカー「ブランド・オブ・ザ・イヤ...