レンタカー特化型メディア

トップ > EV・エコカー > 電気自動車市場の成長と挑戦: 2035年までの展望と現状

電気自動車市場の成長と挑戦: 2035年までの展望と現状

投稿日 : 2023.05.17

指定なし

EV・エコカー

業界ニュース

コラム・レポート

(出典:Canva)

電気自動車(EV)の普及は、今後の環境保護のためにも急務である。しかし、その普及を阻むさまざまな課題が立ちはだかる。この記事では、最近の市場調査結果に基づき、その課題と解決策、そして今後の市場展望を考察する。

調査業者SDKI Inc.によれば、電気自動車市場は2022年に2050億米ドルであり、2035年までには1,8000億ドルに成長すると予想されている。電気自動車の需要増、空気汚染への意識の高まり、新車登場数の増加、電池の技術進歩がその成長を支えている。特に、バッテリー電気車(BEV)と乗用車のシェアが大きい。だが、この市場成長には、充電インフラの不足やバッテリーコストの高さという壁がある。特にEUでは充電ステーションの設置不足が深刻で、10カ国では主要道路100kmに1基の充電器すら設置されていない状況だ。

こうした課題を解決するためには、国家レベルでの対策が求められる。充電ステーションの設置を加速させ、バッテリーの研究開発を推進することで、市場の成長を後押しできるだろう。

電気自動車市場は、TeslaやBMWなどの著名な自動車メーカーによって牽引されている。これらは新モデルの開発と販売を進め、市場の拡大に貢献している。一方、アジア太平洋地域、特に中国ではEVとプラグインハイブリッド車の販売が増加しており、今後も急速な成長が見込まれている。日本も二酸化炭素排出量削減のためにEV需要が増加すると考えられる。

2035年までには、北米とヨーロッパで電気自動車市場の顕著な成長が予想されている。北米ではEVへの需要が高まりつつあり、ヨーロッパではCO2排出量削減の目標に向けた動きが活発化している。

レンタカー業界にもEV化の波が押し寄せている。特に都市部では、レンタカー利用者の間でEVへの関心が高まりつつあり、レンタル需要は今後さらに拡大すると予想されている。また、レンタカーを通じてEVの利便性と快適性を体験した利用者に対し、個人所有の車をEVに切り替えるきっかけを与え、EV普及の後押しに寄与することもできるだろう。しかし、充電スポットの整備や、ユーザーのニーズに合わせた車両の選定など、課題は多い。

EVの普及の動向は、レンタカー業界にとっても無関係とはいえない。今後も世界市場の動きに注目し、その進展を見守っていきたい。

調査の詳細はこちらから。

合わせて読みたい
  • 電気自動車の普及を支える新技術:GREE...

  • 電気自動車普及の新たなステップ:高速道路...

  • REXEVと東京都市大学の共同研究:EV...

  • EV用充電器の定額サービス、「Futur...

関連記事

  • メトロエンジン主催:レンタカー業界向け無...

  • GWのドライブ旅行アンケート結果発表!人...

  • ヨコオとスマートバリュー、協業により新た...

  • 楽天トラベルが多言語対応のレンタカーサー...