レンタカー特化型メディア

トップ > モビリティ > JTBとWHILLが提携、訪日旅行者向けに快適な移動手段を提供

JTBとWHILLが提携、訪日旅行者向けに快適な移動手段を提供

投稿日 : 2024.03.12

指定なし

モビリティ

EV・エコカー

新サービス

出典:WHILL株式会社

WHILL株式会社(本社:東京都品川区、杉江理 CEO)とJTBグローバルマーケティング&トラベル(以下「JTBGMT」、本社:東京都品川区、代表取締役社長:石田恒夫)は、訪日観光客向けツアーにおける近距離モビリティ「WHILL(ウィル)」の日額レンタルサービス取り扱いを開始した。この取り組みは、増加するインバウンド需要に対応し、歩行に不安を感じる人々や高齢者を含む家族との旅行を検討している客層に向けたものであり、「徒歩」の代替手段を提供することで、快適な旅行体験を支援する目的を持つ。

【関連記事】多言語対応アプリで訪日外国人の旅をサポート:新潟・妙高市でJAL MaaSの実証実験開始

人生100年時代の到来と共に、セカンドライフを自分らしく楽しみたいという機運が高まっており、特にシニア世代においては「旅行」が余暇活動で最も望まれる選択肢だ。しかし、体力の問題や長時間の歩行への不安から旅行を躊躇する人々も少なくない。さらに、世界的な高齢化が進む中で、2035年には歩行に困難を感じるシニアの人口が2億人に達するという試算もある。

JTBGMTは、日本での滞在を心ゆくまで楽しんでもらうための商品造成と、個々のニーズに応じた手配を行っている。コロナ禍以降、増加する訪日観光客の中には移動に不安を抱える人も存在する。WHILL社とJTBGMTは、快適な移動手段の提供を通じて、国内外を問わずすべての人が当たり前に快適に旅行できる世界を目指し、その一環としてウィルのレンタルサービスを開始した。

出典:WHILL株式会社

ウィルのレンタルサービスは、最短4日間から最長30日間の期間で利用可能であり、「WHILL Model F」を含む複数のモデルを用意している。Model Fは軽量で折りたたみ可能な設計が特長であり、旅行先や外出先での利用に便利である。このサービスは、日本を訪れる様々なタイプの旅行者に対して、体力や疲れを気にせず、同伴者と同じペースで日本を楽しむ機会を提供することを目指している。

合わせて読みたい
  • 東京蒲田に新登場!ワーケーションを革新す...

  • 小田急ONE×タイムズカーがコラボキャン...

  • Suicaでシェアサイクル利用するとJR...

  • 四国旅行がもっと便利に!『四国ハイウェイ...

関連記事

  • ヨコオとスマートバリュー、協業により新た...

  • 楽天トラベルが多言語対応のレンタカーサー...

  • 建設業界の課題を解決するイノベーション:...

  • エムケイ株式会社、メルセデス・マイバッハ...