レンタカー特化型メディア

トップ > モビリティ > 四国旅行がもっと便利に!『四国ハイウェイバスフリーパス』販売開始

四国旅行がもっと便利に!『四国ハイウェイバスフリーパス』販売開始

投稿日 : 2024.02.26

指定なし

モビリティ

キャンペーン

MaaS

出典:ウェルネット株式会社

ウェルネット株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:宮澤一洋)は、2024年2月22日に四国島内の高速バス路線に向けた新たなサービス、「四国ハイウェイバスフリーパス」のWEB乗車券プラットフォームの提供を開始した。このサービスは、伊予鉄バス株式会社、ジェイアール四国バス株式会社、大川自動車株式会社、四国高速バス株式会社、徳島バス株式会社、とさでん交通株式会社の6社が運行する四国内の高速バス路線を対象としている。

【関連記事】茨城空港特別キャンペーン実施中!無料送迎バス&レンタカー48時間5,000円

四国ハイウェイバスフリーパスは、有効期間内であれば対象路線の高速バスに乗車回数無制限で乗車可能であり、事前予約も可能である。このパスは2日間利用可能な「2dayフリーパス」が10,000円、5日間のうち3日間を選択して利用できる「3dayフリーパス」が11,000円、7日間のうち5日間を選択して利用できる「5dayフリーパス」が12,000円で提供される。これらはいずれも大人のみの発売で、発売期間は2024年2月22日から4月26日まで、有効期間は2024年2月22日から4月30日までである。

対象となる路線には、松山―高松間を結ぶ坊っちゃんエクスプレス、松山―徳島間の吉野川エクスプレス、松山―高知間のホエールエクスプレスとなんごくエクスプレス、高松―高知間の黒潮エクスプレス、高松―徳島間の高徳エクスプレス、そして高知―徳島間の高知徳島エクスプレスが含まれる。これらの路線については、乗車の際に予約が必要である。

ウェルネット株式会社が提供されるプラットフォーム「アルタイルトリプルスタークラウド」は、2016年からウェルネットが開発を進めてきたクラウド型のチケット販売システムであり、全国約200路線で導入されている業界を代表するクラウドサービスの一つだ。このシステムにより、事業者は固定的なコストを変動費化し、投資の採算割れリスクを回避できる。さらに、バスチケットだけでなく様々な入場券の販売が可能となり、多様な需要促進が見込まれる。また、このプラットフォームの導入により、MaaS(Mobility as a Service)対応も実現している。

ウェルネットは、このプラットフォームを通じて交通事業者のDX化を一層推進し、人手不足に悩む業界の課題解決や利用者の利便性向上を目指している。四国内での高速バス利用がより便利になることで、地域の活性化にも寄与することが期待されている。

詳細はこちらから

合わせて読みたい
  • ドアツードアで楽しむ春旅行!NearMe...

  • エニカ調査『ボクらの卒旅白書2024』:...

  • HELLO CYCLING会員数300万...

  • 成田空港行きがもっと便利に!カタレン f...

関連記事

  • ヨコオとスマートバリュー、協業により新た...

  • 楽天トラベルが多言語対応のレンタカーサー...

  • 建設業界の課題を解決するイノベーション:...

  • エムケイ株式会社、メルセデス・マイバッハ...