レンタカー特化型メディア

トップ > その他 > REXEV、電気自動車の最適活用を目的にNTT西日本と業務提携を発表

REXEV、電気自動車の最適活用を目的にNTT西日本と業務提携を発表

投稿日 : 2022.07.20

その他

EVのカーシェアリングサービスなどを提供する株式会社REXEVは、NTT西日本との資本および業務提携を発表した。

(出典:NTT西日本)

この提携により、今後は協業でEVの普及に向けた諸課題を解決し、カーボンニュートラルの実現へ貢献する事業開発に取り組むとのこと。

NTT西日本グループは、地域社会のカーボンニュートラル推進に向けた重要な取り組みの一つとして、EVの普及拡大に広く貢献するソリューションの提供を目指している。EVマネジメントに関する先駆的技術を有するREXEVとの提携により、このソリューションを早期に開発・展開していきたい考え。

経済産業省が発表した「2050年カーボンニュートラルに伴う グリーン成長戦略」では「2035年までに乗用車の新車販売で電動車100%を実現する」という方針が定められている。大容量の蓄電池が搭載されるEVは、天候などにより発電量が大きく変動する太陽光や風力などの再生可能エネルギーの普及拡大に向け重要である需給調整力としての活用が期待されている。

しかし、EVはガソリン車に比べて導入コストが高く、走行距離に制約があるなどの課題がある。このような課題を解消し、EVの普及を進めるためには、EVのモビリティおよび蓄電池としての価値を最大化し、より利便性の高い利用環境を実現することが必要。

このソリューションとして、NTT西日本グループの再生可能エネルギーとICTを統合した総合コンサルティングと、REXEVのEVエネルギーマネジメントに関する技術システムを組み合わせることにより、再生可能エネルギーとEVの普及を促進する。

今後、NTT西日本グループとREXEVは、EVシフトを総合的に支援するソリューションを開発するとともに、2022年度下期より本格的な市場展開を進める予定。さらに、EVを電力需給調整力として効果的に活用するための仮想発電所サービスや、EVを活用したスマートシティサービスの実現に向けた検討も進め、温室効果ガスを削減し豊かでサスティナブルな地域社会の実現に貢献するとのこと。

関連記事

  • D-shareとは?大和リース株式会社が...

  • 大和ハウス工業株式会社、「沖縄GOGO!...

  • DeNA 自家用車をカーシェア登録すると...

  • 「ハローレンタカー」とは? 名古屋市の激...