レンタカー特化型メディア

トップ > DX推進

DX推進

  • ヨコオとスマートバリュー、協業により新たなサービス展開へ

    出典:株式会社ヨコオ 2024年4月15日、株式会社ヨコオ(本社:東京都千代田区、社長:徳間孝之)は、モビリティのシェアリングプラットフォームを展開する株式会社スマートバリュー(本社:大阪府大阪市、取締役兼代表執行役社長:渋谷順)との協業を発表した。この協業により、スマートバリューの提供する「Kuruma Base」に、ヨコオが開発した無人鍵開閉システムが導入され、新たなカーシェアサービスが拡販さ...

  • 楽天トラベルが多言語対応のレンタカーサービスを開始

      (出典:楽天グループ株式会社) 楽天グループ株式会社が運営する旅行予約サービス「楽天トラベル」が、英語・韓国語・繁体字(台湾)でもレンタカー予約サービスを2024年4月17日より提供開始した。このサービスでは、利用者が直感的に操作できるシンプルなUIを導入し、多言語対応の予約ページが提供される。対象店舗数は全国の主要レンタカー会社を中心に約3,000店舗で、今後も連携先を増やしていく予定だ。

  • 京都観光シャトル:NearMeによるシェア乗りサービスの革新的実証実験

    (出典:株式会社NearMe) 株式会社NearMe(以下、ニアミー)は、移動の課題に取り組むソーシャルデザインカンパニーとして、京都市北部でシェア乗りサービス「京都観光シャトル」の実証実験を行っている。このサービスは、観光庁の「令和5年度 訪日外国人旅行者の受入環境整備向上等に向けた観光現場におけるICTサービス等利活用促進事業」に採択され、京都市の協力を得て実施されている。

  • レンタカーの在庫を一括管理!メトロエンジン「メトロコンダクター」

    新型コロナウイルスによるパンデミックは、多くの業界、特に観光業界に深刻な影響を与えた。レンタカー業界も例外ではない。業界は、コロナ禍が落ち着きを見せるとともに回復を果たしつつある一方で、人手不足や、それによる在庫管理の問題に直面している。今回は、レンタカー業界の課題と、それを解決する在庫自動管理システム「メトロコンダクター」について紹介していく。

  • パナソニックITSと室蘭市、タクシー活用のMaaS有償実証実験を開始

    (出典:パナソニックグループ公式サイト) パナソニックITS株式会社(以下、パナソニックITS)は、北海道室蘭市との連携のもと、タクシーを活用したMobility as a Service(以下、MaaS)の有償実証実験を始動する。期間は、2023年10月16日から12月15日までの平日で、ショッピングモールMORUE中島などの提携店舗を中心に実施される。

  • 定額乗り放題で市民の移動をサポート!AIシェアリングモビリティ『mobi』サービス開始

    (出典:『mobi』公式サイト) Community Mobility株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:村瀨茂高)は、岐阜県羽島市(市長:松井聡)にて、AIシェアリングモビリティサービス『mobi』を2023年10月1日から提供開始することを発表した。

  • 日本橋の新しい移動体験:オンデマンド相乗りサービス「&MOVE日本橋」実証運行第二弾を開始

    (出典:株式会社ShareTomorrow) 2023年9月4日より、東京・日本橋エリアにおいて、MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)「&MOVE日本橋」の実証実験第二弾が開始される。このサービスは、株式会社ShareTomorrow(代表取締役社長:石川憲久、以下「ShareTomorrow」)、三井不動産株式会社(代表取締役社長:植田俊、以下「三井不動産」)、および株式会社Nea...

  • 交通事故削減への新技術:商用EVとバイタルデータ連携で緊急時自動運転実現へ

    (出典:HW ELECTRO 株式会社) HW ELECTRO株式会社(所在地:東京都江東区 代表取締役社長:蕭 偉城、以下「HW ELECTRO」)は、ヘルステック事業を展開する株式会社メディロムの子会社であるMEDIROM MOTHER Labs(所在地:東京都港区、代表取締役:植草 義雄、以下、「マザーラボ」)と事業提携に関する基本合意書を締結したことを発表した。この提携により、HW ELE...

  • 沖縄観光業界の復活と課題:NTTコミュニケーションズが地域課題に取り組む

    (出典:unsplash) 2020年から世界を震撼させた新型コロナウイルス感染症がようやく落ち着きを見せ始め、旅行・観光関連業の業績が急回復している。2023年、円安の影響とコロナの「5類移行」により、訪日外国人旅行者が増加し、国内観光需要も回復の兆しを見せている。特に沖縄県では、那覇空港がハイシーズン前の6月時点で大きな賑わいを見せるなど、観光業界は盛況となっている。しかし、沖縄観光産業には多...

  • 自動運転レベルとは?いまさら聞けない、自動運転技術をわかりやすく解説!

    (出典:unsplash) 自動運転に向けた取り組みが世界的に進行中だ。海外では自動運転レベル3・4相当のモビリティが実用化されつつあり、国内含め今後も普及していくと思われる。しかし、自動運転レベルとは具体的にどのような状態を指すのか。今回は、自動運転レベルについてわかりやすく解説していく。