レンタカー特化型メディア

トップ > DX推進 > 日立ハイテク、EV車載リチウムイオン電池の劣化を遠隔で診断するサービスを開発

日立ハイテク、EV車載リチウムイオン電池の劣化を遠隔で診断するサービスを開発

投稿日 : 2022.07.26

DX推進

7月25日。株式会社日立ハイテクは、EV向け車載リチウムイオン電池の劣化状態を遠隔で診断できるサービスを開発したと発表した。

リチウムイオン電池向け ライフサイクル マネジメントソリューション :日立ハイテク

SDGsの意識の高まりとともに現在注目が集まっている電気自動車(EV)だが、普及にあたっては、車載リチウムイオン電池の安定的かつ効率的な運用が課題となっている。日立ハイテクでは、数千台規模で稼働しているEV車載のリチウムイオン電池のデータを解析することで、電池の劣化状態をパック単位・セル単位で正確に推定できる技術を開発した。

本サービスの優れている点は、これまで車両から取り外す必要があった電池の状態検査を、遠隔で行えるようになった点だ。電池の状態をリモートで正確に解析し、記録しておくことで、多数のEVの一元的かつ効率的なマネジメントが可能となる。そのため、レンタカーやカーシェアをはじめとするモビリティサービス事業者での活用が期待されている。

本サービスの恩恵は業務の効率化にとどまらない。適宜、電池状態を把握することによって電池寿命を最大限に伸ばす環境を整えることができ、さらに利用履歴を元に、EV引退後の電池をほかの蓄電システムなどに再利用できる仕組みもあるという。

効率性と並んでEV電池の課題となっている安全性についても、日立ハイテクではかねてより意欲的に取り組んできた。リチウムイオン電池の製造過程にX線異物解析装置による検査をはさむことにより、異物検出から元素同定まで行うなど、電池の安全性に寄与している。

EVの安定稼働と高稼働率は、長距離利用による電池劣化が懸念される商用車において重要な課題だ。今回のサービス開発が、国内外での本格的なEV普及の促進につながると期待されている。

関連記事

  • 「JR駅レンタカー」とは?JRのきっぷ割...

  • 片道レンタカーのSimpway「秋の日本...

  • 新潟県佐渡市 公用車の一部を休日にレンタ...

  • 「ワンズレンタカー」とは?全国展開の格安...