レンタカー特化型メディア

トップ > 業界ニュース > 2023年第二四半期カーシェアリング市場分析:主要5社のステーション数4.2%増、車両台数43,000台突破

2023年第二四半期カーシェアリング市場分析:主要5社のステーション数4.2%増、車両台数43,000台突破

投稿日 : 2023.08.14

指定なし

業界ニュース

コラム・レポート

カーシェア

(出典:unsplash)

カーシェアリング市場の2023年第二四半期(4月~6月)における状況が、情報比較サイト「カーシェアリング比較360°」により発表された。主要5社による合計ステーション数は、前期比4.2%増の21,348箇所となり、車両台数は5.2%増の43,241台となった。

【関連記事】【2023年】レンタカーの台数はどうなっているのか? 大手7社を比較

タイムズカーは業界の先頭を走り、前期524箇所増加したステーション数が今期も645箇所と大幅に増加し、車両台数も1,902台増と独走状態を維持している。第2位のカレコ・カーシェアリングクラブは、今期275台増車の6,742台、ステーション数は149箇所増の計3,753箇所と成長している。一方、第3位のオリックスカーシェアは、車両台数を61台減少させたが、ステーション数は48箇所増加した。

業界第1位のタイムズカーは、ステーション数推移で前期よりも今期の伸長率が高く、大幅増が続いている。第2位のカレコ・カーシェアリングクラブも4.1%の伸長を記録し、オリックスカーシェアは前期減少から今期増加に転じた。4位以下のカリテコとホンダ エブリゴーも増加傾向である。

(出典:カーシェアリング比較360°

都道府県別のステーション数推移を見ると、全国計で859箇所増加し21,000箇所を突破。首都圏では東京都が特に増加が顕著で、他の地方都市でも増加傾向が見られた。また、車両台数の推移も増加傾向であり、東京都は17,000台を突破。大阪は365台増やし、その他の地域でも一定の増加が見られた。

(出典:カーシェアリング比較360°

以上のデータから、カーシェアリング市場は引き続き拡大しており、特に主要都市においてその成長が顕著であることが確認された。今後の動向に注目が集まる中、提供サービスの多様化と共に、更なる市場の拡大が期待される。

※このデータは、「カーシェアリング比較360°」(株式会社ジェイティップス運営)が独自に収集したものであり、各カーシェアリング提供会社の公式発表データではない。詳細はこちらから。

合わせて読みたい
  • 若者の車への関心は微減?Z世代の免許取得...

  • スキマバイトが支えるレンタカー業界:「タ...

  • 今後のレンタカー業界はどうなる?「旅行需...

  • タイムズカーの新入会受付けサービス「スグ...

関連記事

  • ヨコオとスマートバリュー、協業により新た...

  • 楽天トラベルが多言語対応のレンタカーサー...

  • 建設業界の課題を解決するイノベーション:...

  • エムケイ株式会社、メルセデス・マイバッハ...