レンタカー特化型メディア

トップ > その他 > 「IONIQ 5」中部エリア初 グリーンカーシェアを期間限定にて開始

「IONIQ 5」中部エリア初 グリーンカーシェアを期間限定にて開始

投稿日 : 2022.09.16

その他

カーシェアプラットフォーム「Anyca」(エニカ)が、電気自動車「IONIQ 5」(アイオニック ファイブ)のレンタカー型カーシェアを軽井沢書店で始めた。中部エリアでは初となるグリーンカーシェアだ。

「Anyca」(エニカ)は株式会社 DeNA SOMPO Mobilityが運営するカーシェアプラットフォームだ。⼀般⾞から⾼級⾞までさまざまなクルマを個⼈や法人からカーシェアできるアプリとなっている。
共同使⽤契約に基づく、個⼈ 間カーシェアだけではなく、1 時間単位で利⽤できる⾮対⾯でのレンタカー形態のカーシェアも提供している。2021 年 6 ⽉末時点で累計登録台数は 1,000 ⾞種以上の 20,000 台以上となっており、累計登録会員数は 50 万⼈を超えている。

今回配備されるZEVは、走行時に二酸化炭素等の排出ガスを出さない電気自動車(EV)や燃料電池自動車(FCV)などを指す総称)は、Hyundai Mobility Japan株式会社の電気自動車「IONIQ 5」。2022 年「ワールド・カー・アワード」で大賞「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」、「ワールド・EV・オブ・ザ・イヤー」、「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」の 3 冠を達成している人気車種だ。

この「IONIQ 5」は「軽井沢書店」(長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢(大字) 1323)に配備される。営業時間は 24 時間、車種/台数は「IONIQ 5」が 1 台、「Gクラス」が 1 台となっており、IONIQ 5 の利用時間が 1 時間 1,200円〜、Gクラスは 1,500 円〜となっている。

合わせて読みたい
  • 「24レンタカー」千葉・松戸市に進出

  • 「JoyCa」とは?首都圏や北陸などで広...

  • 「OFFON(オフォン)」とは?EVのカ...

  • 【宮崎県】宮崎市の社会福祉協議会とトヨタ...

関連記事

  • 「JR駅レンタカー」とは?JRのきっぷ割...

  • 片道レンタカーのSimpway「秋の日本...

  • 新潟県佐渡市 公用車の一部を休日にレンタ...

  • 「ワンズレンタカー」とは?全国展開の格安...