レンタカー特化型メディア

トップ > その他 > 京都、カーシェアステーションを増設 JR福知山駅など

京都、カーシェアステーションを増設 JR福知山駅など

投稿日 : 2022.02.03

その他

京都府内の観光促進のため京都府は、西日本旅客鉄道株式会社やタイムズモビリティ株式会社などと共同で鉄道とカーシェアリングを組み合わせた事業を実施してきた。今回、府北部で初めてとなる JR 福知山駅に、新しく 3 か所のカーシェアリングステーションを指定した。「森の京都」エリアの周遊につなげていく狙い。

国内のみならず海外からも訪れる人が多い、日本でも有数の観光地である京都。バスや電車の公共の交通機関は充実しているが、府内に点在する観光地を巡ろうとすると、駅から意外と離れているなどして、意外に不便さを感じることも多いのではないだろうか。

京都府と 森の京都DMO、お茶の京都DMO、西日本旅客鉄道株式会社およびタイムズモビリティ株式会社は、駅から観光施設までの移動手段を充実させて、エリア内の観光および周遊の取り組みを推進するため、2019 年から「森の京都」および「お茶の京都」エリアにおいて「観光周遊カーシェアリング事業」を実施してきた。この取り組みとして今回新たに、森の京都 エリア・JR 福知山駅の周辺に観光周遊カーシェアリングステーションを 3 箇所追加する。

JR西日本のIC乗車券「ICOCA」を使用して福知山駅で降車し、同ステーション内で指定車両を利用すると、料金から 220 円が割引きされる(カーシェアリングの会員登録およびイコカの登録が必要)。また、対象の観光施設を訪れて 30 分以上駐車すると、次回以降に使える電子優待券が発行される仕組みとなっている。
駅で降車後さらに、バスやタクシーへと乗り継ぐよりも、カーシェアリングであればより手間も少なく、リーズナブルに利用できる。多くの観光客がこの制度を知り、利用できるよう、そのメリットを十分に周知していく必要がある。

関連記事

  • 高速道路で初となる車中泊スポット、期間限...

  • MaaSアプリ「東京メトロmy!アプリ」...

  • 熱海駅にトゥクトゥクのレンタカーがオープ...

  • NASPAニューオータニ、カーレンタルサ...