レンタカー特化型メディア

トップ > モビリティ > 地域活性化の新手法!「FreeTraffic」で旅行者の交通費を自治体が支援

地域活性化の新手法!「FreeTraffic」で旅行者の交通費を自治体が支援

投稿日 : 2023.09.04

北海道

モビリティ

新サービス

公的機関ニュース

業界ニュース

(出典:Fourwin株式会社)

交通費分のポイントが旅行者に付与される「FreeTraffic」というアプリを開発・運営するスタートアップ企業、Fourwin株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:永瀬 駿平)は、世界初の試みとして、旅行者の交通費を自治体が負担する実証実験を開始する。この実験は2023年9月22日から11月30日にかけて、北海道島牧村で行われる。

【関連記事】岩手県陸前高田市で自動運転走行実証実験:観光と地域振興への新たな一歩

期間中、最大100人の参加者が条件を達成することで往復交通費相当のポイントを獲得できる。参加者は、指定された期間中に島牧村に1泊2日以上滞在することや、アプリのインストールが可能なことなど、特定の条件を満たす必要がある。また、旅行者は専用のURLからアプリをダウンロードし、宿泊施設の予約を行った後、GPSを用いて出発地と目的地を確認、旅行中に指定の店舗での支払いをアプリに登録することで、最大で往復交通費分のポイントが付与される。

島牧村役場の中山貴浩課長は、この仕組みを「大変画期的」と評価。地域の活性化の一手として、この試みに期待を寄せている。同村の地域おこし協力隊員、刑部広平さんも、地域経済と観光の促進についての期待を語る。

(出典:Fourwin株式会社)

「FreeTraffic」の背景には、旅行者の移動を活性化させ、地域を活発化するという大きな目的がある。旅行者の訪問により恩恵を受ける地方自治体や宿泊施設、飲食店などが旅行者の代わりに交通費をサポートする。アプリの利用者は、GPSを通じての移動確認や、アプリ登録店での宿泊・支払いを通じて、実質的な交通費相当のポイントを獲得できる。このポイントは、現金や電子マネーに交換することが可能だ。

(出典:Fourwin株式会社)

Fourwin代表取締役社長、永瀬駿平は、この実証実験を通じてFreeTrafficの有効性を検証する重要な機会と位置づけている。成功すれば、日本全国、そして世界にも新しい旅行の形を提案することができるとの考えを示している。

この試みが成功すれば、旅行者が増加し、地方自治体や関連業者にとっての経済効果が期待できる。島牧村は、この実証実験を通じて、新たな観光振興の方向性を模索していく。

詳細はこちらから

合わせて読みたい
  • 「BIRD」電動キックボード、福島県郡山...

  • 「回遊軽井沢」: JR東日本と西武ホール...

  • 「LUUP」新プラン登場!3時間・12時...

  • 沖縄観光業界の復活と課題:NTTコミュニ...

関連記事

  • 夏の北海道旅行がより便利に!オリックスレ...

  • オリックス自動車、遠隔接客サービス「RU...

  • 無人レンタカーアプリ『Uqey』:北海道...

  • ニセコの新しい交通サービスエアシェア「D...