レンタカー特化型メディア

トップ > コラム・レポート

コラム・レポート

  • 【2023年最新版】レンタカーの台数はどうなっているのか? 大手7社を徹底比較

    一般社団法人レンタカー協会では、2023年3月末時点での大手レンタカー会社7社の車両保有台数の調査結果を公表している。今回はこのデータをもとに、レンタカー業界の現状について簡単に紹介する。

  • ガソリン価格20円上昇が車買い替えの節目? gogo.gsアンケートが浮き彫りにする自家用車の現状

    (出典:株式会社ゴーゴーラボ) 株式会社ゴーゴーラボが運営する、全国のガソリン価格やガソリンスタンドのサービス情報を共有するガソリンスタンド情報共有サイト「gogo.gs」が、ガソリン価格の変動が車の買い替えにどのように影響するかについてのアンケートを実施した。全国のgogo.gsメンバー1,500名以上から回答を得て、ガソリン価格と車の買い替え意識に関する結果を明らかにした。

  • 2023年上半期、個人向けカーリースランキング「定額カルモくん」: N-BOXが新旧両部門で首位

    (出典:ナイル株式会社) 2023年上半期、個人向けカーリースサービス「定額カルモくん」における新車・中古車リース契約車種ランキングが発表された。同ランキングは、ナイル株式会社が提供する定額カルモくんで2023年1月1日~6月20日の間に契約された車種を基に集計したもので、新車・中古車両方のランキングでN-BOXが1位となる結果となった。

  • 2023年夏休み旅行動向:JTBの報告による予測と分析

    (出典:unsplash) 2023年の夏休み(7月15日~8月31日)の旅行動向について、株式会社JTBがまとめた。54回目となる本レポートは、各種経済指標や業界動向をもとに、旅行者の動向を予測している。今回は、レポート内容を簡単に紹介する。

  • 日本におけるEV普及率:レンタカー事業者の役割と普及への期待

    環境問題の影響力が増す中、電気自動車(EV)への関心が高まっている。国や地方自治体が補助金を通じてEVの普及に尽力する一方で、消費者の意識や行動はどの程度変化しているのだろうか。株式会社イードが運営するカーライゼーションは、その現状を把握すべくインターネットを通じたアンケート調査を実施した。

  • マンスリーレンタカー:長期利用に最適なレンタカーサービスの選び方

    現代的な価値観として、車は借りるものという方も多いだろう。しかし、出張・赴任や、長期の旅行、家族のけがなど、長期的に車が必要になる場面もある。そんな時、どのようにレンタカーを利用すればいいのだろうか?今回は、マンスリーレンタカーについて紹介していく。

  • 「カーリース」の魅力:「マイカー」の定義を塗り替える新時代のカーライフ

    「マイカー」に対する概念は、かつての世代にとっては強烈な魅力があったものだが、現代の経済状況やライフスタイルの変化を鑑みると、古風に思えることもあるだろう。それに取って代わる存在として注目を集めているのが、「カーリース」である。新車購入に比べてリーズナブルな価格で新車と同等の車に乗ることができ、金銭面や車種選択の自由度において、従来の車の所有とは一線を画す。

  • 車中泊ブームから見える新トレンド:車中泊とレンタカー事業の可能性

    (出典:株式会社NEXER) コロナ禍で人々の生活スタイルは大きく変わり、人との距離を保ち、自然との触れ合いたいという需要が高まった。特にアウトドア活動への需要が高まり、その一つが「車中泊」だ。キャンピングカーのレンタル事業を行うCarstay株式会社は、サービス開始から約3年で400台を突破したと発表しており、車中泊需要の高まりを示している。そんななか、日本トレンドリサーチ(運営会社:株式会社N...

  • 新型コロナウイルス感染症からの回復:旅行業界の経済インパクトの分析と見通し

    2020年4月から新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)の緊急事態宣言が始まり、それ以来3年間で8回もの感染拡大と縮小が繰り返されてきた。これらは国民生活や経済活動に変化をもたらし、経済指標には少なからず影響を及ぼしている。特に、行動制限等の影響を強く受けたとされる旅行・観光関連業界について、経済産業省の調査結果をもとに、その回復度合いを見てみよう。

  • インバウンド観光とレンタカー:増加する外国人観光客と交通安全問題

    訪日外国人観光客の増加に伴い、日本各地でその活況を見ることができる。とりわけ地方の観光地では、レンタカーが移動手段として不可欠だ。レンタカー各社は、インバウンドの増加に向け整備を進めている。しかし、同時に外国人観光客によるレンタカー事故が増えているという実態が浮き彫りとなっている。本稿では、その背景と解決策を探る。