レンタカー特化型メディア

トップ > その他 > 中国電力、太陽光発電のEVステーションでカーシェア運用開始

中国電力、太陽光発電のEVステーションでカーシェア運用開始

投稿日 : 2022.04.08

指定なし

その他

DX推進

中国電力が、ゼロカーボン・ドライブの実現を目指して太陽光発電の「完全自立型EVシェアリングステーション」の実証事業を開始する。

 

完全自立型EVシェアリングステーション

中国電力は、広島県の協力のもと「ゼロカーボン・ドライブ」を実現するため、EVステーションにカーシェアリングサービスを組み合わせた、世界初の取り組みを実施する。「ゼロカーボン・ドライブ」とは太陽光や、風力などの再生可能エネルギーを使い発電した電力と、電気自動車などを組み合わせることで、自動車の走行時における CO2 排出量をゼロにする取り組みであり、環境省が提案している。

中国電力のこの事業は、電力系統から完全に分離し、独立したソーラーカーポートと蓄電、制御システムを一体化して、太陽光発電による電力のみで運用する EV ステーションにカーシェアリングサービスを組み合わせた取り組みだ。

脱炭素社会の実現に向けて、EV 普及に向けた取り組みが進められているが、EV の普及には車両や充電所の工事など、導入リスクが課題となっている。そのため、中国電力は今回の取り組みを、車両の電動化および使用電力の脱炭素化を同時に達成するモデル事業として、EV ステーションを 広島県立広島産業会館 に設置。課題の見直しや、複数の法人や周辺住民によるカーシェアの活用により、導入コストの低減を図る。また、電力系統から完全に分離、独立したソーラーカーポートの商品化も検討する。

中国電力はこの取り組みにより、この「完全自立型 EV シェアリングステーション」を活用していくことで電力系統からの電力供給が難しい場所や、電気工事費用が高額となる場所などでも、EV 導入が選択肢となるよう、普及を推進していく。

合わせて読みたい
  • 「&MOVE」とは?三井不動産が提供する...

  • 「Every Go」とは?ホンダが提供す...

  • 「STORYCA」とは?車両とキャンプ道...

  • 【山形県】県内初の大学内カーシェアサービ...

関連記事

  • 新潟県佐渡市 公用車の一部を休日にレンタ...

  • ニッポンレンタカー北海道、共同で「レンタ...

  • 渋谷マークシティでEV「IONIQ 5」...

  • カレコカーシェア 、沖縄で増車