レンタカー特化型メディア

トップ > DX推進 > MICとPathfinder レンタカーの「回送コスト」を軽減する実証実験を開始

MICとPathfinder レンタカーの「回送コスト」を軽減する実証実験を開始

投稿日 : 2022.04.05

DX推進

「ニコニコレンタカー」を運営する株式会社MICと、モビリティーサービスの研究・開発を行うPathefinder株式会社が共同し、「回送車両のマッチング」の実証実験を開始する。

出典:Simpway北海道キャンペーンページ

レンタカー・カーシェア業界では、返却された車両を貸出店舗まで移動させる「回送コスト」が年間で約50億円も発生していると言われている。そのコストは顧客が負担するのが一般的だ。株式会社MICとPathfinder株式会社は、両社の培ってきたノウハウや技術を組み合わせ、回送車両と同方向に行きたいユーザーをマッチングするシステムの実証実験を開始した。

従来の回送車両の仕組みでは、片道乗車の場合、ユーザーは目的地近辺の店舗で車を返却し、貸出店舗までの回送にかかるコストは「乗り捨て料金」としてユーザーが負担していた。今回の実証実験は、事業者がユーザーに最初から片道レンタカーとして車両を貸し出し、利用終了後に貸出店舗と同じ方向に進みたい別のユーザーをマッチングすることで回送コストを削減する狙いだ。

他社でも同様の試みが行われていたが、マッチングが困難で本格的な導入には至っていなかった。Pathfinder株式会社は今回、多数のレンタカー・カーシェア事業者と提携することで、回送車両のマッチング率改善を図っている。

実験の第1弾は、ニコニコレンタカーの「新横浜駅店」から「新千歳空港店」のルートで、2022年4月6日~18日の間に行う。期間中は最大5日間まで7,777円(税込)で利用が可能だ。対象車両としてスイフトやノートなどコンパクトカー7台が導入される。

「回送マッチングシステム」が実用化されれば、ユーザーにかかる回送コストが軽減するだけでなく、地域や季節における需要格差の解決も期待できる。Pathfinder社は、車両を最適な場所とタイミングに配置することで、資源を有効に活用するサステナブルモビリティ社会の実現を目指すという。

●実証実験キャンペーンサイト
GWを先取りして新横浜→千歳最大5日間のレンタカーでの大冒険しよう!|simpway北海道キャンペーンページ

関連記事

  • D-shareとは?大和リース株式会社が...

  • 大和ハウス工業株式会社、「沖縄GOGO!...

  • DeNA 自家用車をカーシェア登録すると...

  • 「ハローレンタカー」とは? 名古屋市の激...