レンタカー特化型メディア

トップ > その他 > キャンピングカーとパスファインダー、片道レンタルの実証実験を開始

キャンピングカーとパスファインダー、片道レンタルの実証実験を開始

投稿日 : 2022.12.15

指定なし

その他

キャンピングカーのレンタル事業を運営するキャンピングカー株式会社と、MaaSサービスの開発・研究を行うスタートアップPathfinder株式会社が、「片道専用キャンピングカーサービス」の実証実験を開始する。車両予約は、Pathfinder が提供する片道乗り捨て専用レンタカーのマッチングプラットフォーム「Simpway」(シンプウェイ)で、LINE を通じて行われる。
この実証実験では、キャンピングカーの回送車両を「片道専用レンタカー」として、キャンピングカー未体験のユーザー向けに提供する「片道専用キャンピングカーサービス」を、12 月 15 日から 3 月 31 日までの期間限定で実施する。

キャンピングカー株式会社が提供するキャンピングカーのレンタカーサービスは通常、一般的なレンタカー同様、返却地点は出発地点に固定されている。だが、現在インバウンド需要が急速に拡大するなか、訪日客が日本国内をキャンピングカーで移動したいというニーズが高まっており「片道乗り捨て」の利用が急増しているという。
キャンピングカーのレンタルお試しキャンペーン」は、レンタカーとして使用された回送車両のキャンピングカーをユーザーとマッチングさせることで、「片道専用レンタカー」としてキャンピングカーの体験機会を提供することを目的としており、主にキャンピングカーをレンタカーで利用したことがないユーザーが対象となっている。通常と同じ仕様のキャンピングカーを安値で体験できる。

「シンプウェイ」は、レンタカーのアウトレットモールのように、多数のレンタカーやカーシェア事業者様と提携し、回送車両やレンタカーの上り片道利用ユーザーと、下り片道利用ユーザーをマッチングさせる「片道乗り捨て専用レンタカーのマッチングプラットフォーム」だ。
本来、利用されない車両を活用するため、利用者は比較的安値で利用でき、事業者は回送コストを下げることができる。

本実証実験では、キャンピングカーのレンタカーサービスを、シンプウェイを通じてユーザーに提供し、新たなサービスとして接触機会の拡大をはかる。今後、実証実験の結果にあわせ、以降対象ルートや台数の拡大、マッチングシステムの改善を検討していく見込みだ。

合わせて読みたい
  • 「Click Mobi(クリックモビ)」...

  • 「JoyCa」とは?首都圏や北陸などで広...

  • 「KINTO」とは?トヨタが提供するクル...

  • 「NearMe」とは?シェアリングエコノ...

関連記事

  • REXEVが新出光向けにEVカーシェアシ...

  • ISレンタリース、日本初上陸となる「BY...

  • ヒルトン福岡シーホーク、テスラ試乗が付い...

  • LOMACA、沖縄で無人の24時間レンタ...