レンタカー特化型メディア

トップ > その他 > earthcar、東伊豆町・東伊豆町観光協会と協業 

earthcar、東伊豆町・東伊豆町観光協会と協業 

投稿日 : 2022.07.07

指定なし

その他

公的機関ニュース

カーシェアリングプラットフォーム「earthcar」を提供する株式会社アースカー(東京都千代田区)が、静岡県の東伊豆町および一般社団法人 東伊豆町観光協会
と協業。地域 MaaS(マース、Mobility as a Service)の実証事業として東伊豆町においてカーシェアリングサービスの運用を 7 月 7 日より開始したと発表した。

伊豆急行線の伊豆稲取駅指定駐車場にカーシェアリング車両を配備して、鉄道の駅から観光目的地までの二次交通網を充実させる。また住民の生活面では、宿泊施設の従業員や移住者へも手軽な移動手段を提供することで、暮らしやすい町づくりに貢献する。

MaaS(マース)とは、地域住民や旅行者それぞれの利用単位での移動ニーズに対応して、複数の公共交通やそれ以外の移動サービスを組み合わせて検索、予約、決済などを一括で行うサービスを指し、観光や医療などの目的地における交通以外のサービス等との連携により、移動における利便性の向上や、地域の課題解決にもつながる重要な手段となるものだ。

宿泊施設が多く存在し、観光客も多く訪れることから、東伊豆町は二次交通の整備が常に課題とされてきた。2022 年 6 月には、同自治体で「地域公共交通検討プロジェクトチーム」を発足。また、新型コロナウイルス感染症拡大によりワーケーションが社会に浸透した 2020 年以降、リモートワーカーの取り込み施策を実施し、観光客だけではない「関係人口」の創出を積極的に推進してきた。2021 年度は 30 年ぶりに人口が「社会増」となり、観光だけでなく住民の生活の面でも、交通インフラの充実を図るため、「earthcar」による交通課題解決の実証事業を実践することとなった。

合わせて読みたい
  • 「eemo(イーモ)」とは?小田原・箱根...

  • 「MobiHo(モビホ)」とは?キャンピ...

  • 「TAMa-GO」とは?京王線沿線が対象...

  • 「Universal MaaS」とは?A...

関連記事

  • 新潟県佐渡市 公用車の一部を休日にレンタ...

  • ニッポンレンタカー北海道、共同で「レンタ...

  • 渋谷マークシティでEV「IONIQ 5」...

  • カレコカーシェア 、沖縄で増車